愛されたい!というのは、人間誰しも抱いている願望です。

しかし、他人の心は操ったり、強制したりできるものではないので、自分の魅力をアップさせる必要がありますよね。

そこで今回は、愛される女性になるための4つの習慣をご紹介します。

試してみて♡愛される女性になるための4つの習慣

素直に謝れる

素直に謝れる人は、とても美しいもの。

言い訳をしたり、自分の主張を認めさせないと気が済まなかったり、相手がまず謝らないと、こちらも謝らない……。

そんな人にならないよう要注意!

ケンカをしても、「相手を不快にさせたこと」はすぐ謝ること。

謝ることは負けを認めることではなく、前に進む一歩を踏み出すことです。

まず謝ってから、落ち着いて話をしましょう。

いつも楽しそう

「笑う門には福来る」といいますが、笑顔でいることは本当に重要。

笑顔の人と、不機嫌そうな顔の人がいたら、笑顔の人のほうが安心できますし、一緒にいたいと思うのは当然のことですよね。

愛されたいのであれば、作り笑いでなく、心からの笑顔が出せるよう、日ごろから自身を幸せな状態にしていきましょう。

まず、「いい気持ち」になることをたくさん見つける訓練から!

今日あなたには、どんないいことがありましたか?

いいことを10個思い返して寝るだけでも、効果があるはずです。

相手を立てつつも、自分の意見を言う

異性とのコミュニケーションはイレギュラーの連続です。

自分の思っていることがうまく伝わらなかったり、相手が考えていることが理解できなかったりなんてこともよくあります。

相手の気持ちを考えながら、自分の意見もしっかり主張することは、スムーズなコミュニケーションに欠かせません。

自分の考えていることを上手に伝えることができれば、相手の理解も深まるもの。つまり、より愛されるということです。

自分を理解してもらうコツに、日頃から相手の気持ちを考えたものの伝え方をすることが大切です。

「自分よがりになっていないかな?」に気を付けてみてくださいね。

そうすれば、相手もこちらのことを理解しようしてくれるものです。

いつも努力している

努力することは、どんな形で合っても、その人の魅力となります。

つねにいいものを作ろう、できるようになろうと頑張る姿は、魅力的。

そんな女性を見ると、男性自身も刺激を受けて、「自分も頑張ろう!」と思えます。

そんなふうに思わせてくれる健気な人であれば、自分のそばで、ずっと大切したいと思うものなのです。

相手を想うことが大切

愛されるために大切なのは、自分だけを見ないこと。

もちろん、魅力は自分の内から発揮されるものですが、愛されたい相手を愛することで、より強く輝きます。

愛されたいのであれば、相手を想って行動することが重要ですよ。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)