気になる彼との距離を縮めるには、相談を持ち掛けてみるのが◎

相談する=心を開いている状態なので、相談を持ち掛けた時点で「俺って信用されてるんだ」と思ってもらえるでしょう。

そこで今回は、男性が簡単に落ちる「相談テクニック」をご紹介します。

悪用厳禁ですよ!

【悪用厳禁】男性が簡単に落ちる!「相談テクニック」

タイミングを計る

相談したいと思ったら、あえて時間のないときに持ち掛けるのが定番です。

仕事の昼休み、あと5分のタイミングで彼に相談事を持ち掛けて、「今はゆっくり話す時間もないし、今度改めて相談に乗ってくれないかな?」と切り上げます。

あとは細かい日程や時間をLINEでやり取りするだけでOK。

じっくり考える時間がない状況で相談を持ち掛けると、自然と「とりあえずOKしておこう」という気持ちになるもの。

そのあとに細かい決め事をメールや電話でやり取りするのも、彼と仲良くなるために必要なステップです。

彼が自然にOKできるタイミングを狙ってみましょう♡

ふたりきりになる状況を作る

普段ふたりきりになる機会がないのなら、相談事があると食事に誘ってみて。

落ち着いた雰囲気のお店なら邪魔が入ることもなく、しっかりと話を聞いてもらえるでしょう。

そうすることで、「この前話してた件、少しは良くなった?」と仕事中も彼のほうから気にかけてくるようにもなるはず。

テクニックとしては、「彼とふたりきり」「落ち着いて話せる状況」の2つがポイントになります。

相談を持ち掛けるのは彼にじっくり話を聞いてもらうためなので、状況を整えることが大切です。

彼自身が自分に置き換えられる内容を

相談するときは、彼自身が自分のことのように置き換えられる内容にするのがポイント。

たとえば好きな人は同業者ならば、仕事の悩みを相談してみて。

同業であれば、悩んだりつまずいたりする内容はだいたい似てるはず。

そういう内容だと共感してもらえるし、アドバイスも聞けて距離が縮まりますよ。

もし相談する内容が彼とはかけ離れたものだったとしたら、「自分には置き換えられないし、コメントに困るな……」と、彼を困惑させてしまう原因に。

「もし自分だったらどうだろう?」「そういう気持ち、わかるな~」と彼に思ってもらえる相談内容にすれば、きっと彼も親身になって聞いてくれるでしょう。

チャンスをものにして!

成功者はいろんな「相談テク」を使って気になる彼との急接近を狙っています。

大切なのは、事前にきちんと計画を練ること。

相談方法・内容・タイミングをそれぞれじっくり考えた上で彼に相談を持ち掛け、確実にチャンスをモノにしてくださいね!

(愛カツ編集部)