年齢を重ねていくと、「将来を見据えた恋愛がしたい!」と、堅実で長く続く恋愛に憧れる女性も増えるでしょう。

けれども、なかには交際に至っても毎回3ヶ月ほどで破局してしまう、恋愛のサイクルが早めの人もいるはず……。

そこで今回は、いつも早期破局してしまう理由をご紹介します。

長続きさせたかったのに…いつも早期破局してしまう理由

相手のすべてを知ろうとする

恋愛の比重が重めな「恋愛至上主義」の女性は、相手のことをなんでも知らなきゃ気がすまない!というような傾向にあります。

「今どこにいるの?」「誰といるの?」など、必要以上に詮索するのはもちろん、彼の過去まで詮索して、勝手に落ち込んだり、SNSで元カノとしれっと繋がったりするのはあまりいいことではありません。

気になる気持ちもわかりますが、気にしはじめたらキリがないです。

知り合う前の過去まで気にしてたところで、過去を変えることはできません。

過去のことで勝手に落ち込まれたり、幻滅されたりしても、彼だって困ってしまうでしょう。

変に秘密を作るのも良くないですが、過剰に彼を詮索するのは、破局につながりやすいので気を付けてみてくださいね。

勢いにまかせて付き合う

相手のことをある程度知ってから付き合うのではなく、出会って一気に盛りあがり、交際に発展する人もいるはず。

もちろん、ふたりの相性が良ければ一気に交際に至っても続いたりします。

しかしたいていの場合、一気に盛りあがって交際に至る恋愛というのは、早期破局しがちかも。

「ノリや性格は似てるけど、価値観がけっこう違った……」ということがよくあるのです。

長く続く恋愛がしたいのなら、相手をしっかり見る目と感性も大事。

もちろんときには勢いも大事ですが、勢いだけで付き合って失敗してしまうのなら、少し慎重に考えてみたほうがいいかもしれません。

イイ女を演じてしまう

イイ女を演じてしまう

自分に自信のない女性の場合、大好きな人との交際はうれしい反面「嫌われたらどうしよう……」「ほかの子に取られないかな」という不安がつきものかもしれません。

人によっては、嫌われないように、彼が自分の元から離れないようにと本音を隠したり、「イイ女」を無理に演じてしまうのではないでしょうか?

交際において、気づかいや心づかいは大事なのですが、本音を隠すのはNG。

それが続けば、いつか彼との交際自体がつらくなってしまうことも……。

本音は受け取りやすい言葉で伝えたほうがいいし、背伸びして「イイ女」を演じるよりも、素直に甘えたほうが続きますよ。

末永くお付き合いできるように

早期破局しないためには、今回挙げた3つのことを、ちょっと意識してみてください。

ときに慎重に、互いを尊重しながら距離を縮めていければ、末永く続く関係性を築いていけるはずですよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)