LINEが続くと、もしかしたらうまくいくかもと期待しますよね。

でも当然ですが内容によっては、脈ありと判断するのは早いこともあります。

場合によっては同じようなLINEを女性に送って天秤にかけていたり、あなたを都合よく利用したがっていたりする男性もいるみたい。

そこで今回は「じつは本命じゃないLINE」をご紹介します。

彼からメッセージは来るけれど…じつは本命じゃないLINEって?

1. ハートマークや褒め言葉を連呼

「彼女がほしくて仕方なかったときは、数打ちゃ当たる作戦をしていたなぁ。女の子とLINEを交換したら、絵文字や褒め言葉満載のメッセージを送っていました。

たいていはスルーされるんですが、まれに乗ってくれる子もいて。そこから親しくなって交際していましたね。
ただ本当に好きで付き合ったわけではないので、ほかにかわいい子がいたら目移りしていました……」(22歳男性/大学生)

まだそこまで話したことすらないのに、いわゆる恋人同士のようなLINEが来たときは要注意。

あなたが好きというより、ただ単に彼女がほしいだけかもしれません。

本命の子にいきなりテンション高めのLINEを送ってドン引きされたら怖いもの。

そのため本当にあなたが好きなら、ペースを合わせてじっくり仲を深めてくれますよ。

2. 損得重視の質問しかしてこない

「ずっと気になっていた男性とLINEできたのですが、『普段料理ってするの?』『付き合う前でも男の家に行けるタイプ?』など、明らかに利用する内容ばかり……。
これはナシだと思って速攻切りました」(27歳女性/人事)

「質問LINEは脈あり」なんて言う人もいますよね。

でも彼があまりにも損得重視の質問をしてくるようであれば、本命ではないのかも……。

ほかにも気になる女性がいて、一番条件がよさそうな人を探っているのかもしれません。

女性もそうですが、好きな人とはLINEできるだけで楽しいですよね。

そのため彼らも本命には失礼な質問はしないし、興味を持って話を膨らませてくれますよ。

3. 自慢ばかり、いいことしか言わない

3.自慢ばかり、いいことしか言わない

「興味がない子から色々聞かれてもテキトーに返しちゃうな。『仕事うまくいってるよ~!』『まぁなんとかやってる!』みたいな。

だけど本命の子には素を見せるというか、もっと向き合いたいって思うんです。
なので弱い部分も見せるし、わりと現状をくわしく送りますね」(29歳男性/営業)

好きじゃない子に自分の話をして、根掘り葉掘り聞かれるのは面倒なもの。

そのためLINEは大雑把な内容になりがち。

もし「中身がなくて軽いな」と感じたら、それは彼の気持ちの表れかもしれません。

一方で本命とのLINEの場合、面と向かって話すより素が出やすくなります。

やりとりを続けたい気持ちもあるからこそ、一歩踏み込んだ近況が送れるようです。

怪しいと思ったら立ち止まろう!

いくらLINEが続いても、本命扱いされているとは限りません。

ちょっと怪しいなと思ったら、周囲に「このLINEってどう思う?」と聞いてみるのもアリでしょう。

客観的意見をもらえるのはもちろん、じつは同じLINEを友達に送っていた……なんてこともあり得るかもしれませんよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)