最初はやさしいと思っていたのに、だんだん彼の「短気な素の部分」が見えて萎えた経験はありませんか?

できるだけ早く彼の本性を見破って、ダメ男との交際を回避したいですよね。

そこで今回は「男性の『本当の性格』が見える瞬間」をご紹介します。

イイ男?それとも短気?男性の「本当の性格」が垣間見える瞬間

デートを断ったとき

「アプリで知り合った男性からデートに誘われたとき。『まだ知り合ったばかりなので、もう少しやりとりしてからでもいいですか?』と返信したところ、ブロックされました。

メッセージは丁寧だったし、プロフには『穏やかで滅多に怒りません!』って書いてあったのに……。実際はかなり短気なんだなって思いました」(25歳女性/販売)

プライドが高い男性は、「デートを断られる=拒絶された」と思い込みがち。

そのため相手の気持ちもくみ取らず、逆ギレしたり、イライラを全面に出したりしがちです。

とくにおうちデートや夜デートに誘ってくる男性は、体目的だった……なんて場合もあります。

そのため断った途端、急に冷たくなるケースも多いもの。

もし彼に不安があるのなら誘いに乗らず、一度丁重に断ったほうがいいかもしれませんね。

踏み込んだことを聞いたとき

「とある男性とイイ感じのLINEが続いたので、ちょっと踏み込んで『○○さんは結婚願望とかないんですか~?』と聞いてみたんです。

そしたら『ないけど、なんで?』と、急にそっけない返事に。それを境に返信が遅くなり、どちらからともなくやりとりが終わりました……」(26歳女性/営業事務)

上辺だけのやりとりをしていても前には進みません。

いきなり踏み込むのは失礼ですが、多少関係性ができてきたのなら思い切った質問をしてもいいでしょう。

そこで彼が不機嫌になるなら、ちょっと扱いづらいタイプかも……。

それに彼が自分の話を嫌がる以上、いずれにしても発展はしにくいかもしれません。

疲れているとき

疲れているとき

「その日はたまたま疲れていたらしく、デート中かなり不機嫌だった男性がいました。普段やさしいからこそ、その変貌ぶりにビックリ。

店員さんにも当たりがキツく、私のほうが萎縮してしまいました。『また会いましょう』とLINEがきたけれど、とてもそんな気にはなれないですよね……」(30歳女性/美容師)

元気なときや機嫌がいいときにやさしいのは当たり前。

大事なのは弱っているときの態度ですよね。

とくに結婚後の日々の暮らしを考えると、気持ちの安定は重要になってきます。

数回デートを重ねているのなら、休日だけじゃなく、仕事終わりに会ってみるのもひとつです。

疲れていてもきちんと言葉にして、あまり長居できないことを伝えてくれる男性もいます。

しかしその一方で明らかにテンションが低い、イライラを全面に出してくる男性も……。

彼の感情に振り回されるのは、想像以上にストレスが溜まりますよ。

いろんなパターンのデートをしてみよう!

仮に交際するにしても彼の短所を知っているか否かで、女性側の対応も大きく変わってきます。

だからこそ試すわけではないですが、状況に応じて色んなデートをしてみるといいでしょう。

たとえば食事デートでは穏やかなのに、人混みだとあからさまに不機嫌になるなど……。

やさしいと思っていた彼の意外な一面が見えて、目が覚めることもありますよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)