「ずっとずっと、いつまでも愛されていたい」

ほとんどのカップルがそう思っていると言っても過言ではないでしょう。

でも、愛は自動的に大きくなるものではありません。

また、頑張れば頑張るほど強くなるものでもないかもしれません。

そこで今回は、長く愛される方法について考えてみましょう。

え?コレで「愛され女子」になれるの?カンタンなポイントを紹介!

伝えたいことを伝える

どんな気持ちも、伝えなければわかってもらえないことの方が多いでしょう。

また、「こんな感じで言えば、雰囲気でわかるでしょ」と思っていると、まったく伝わっていないなんてことも。

もし、してほしいことがあるのであれば、ストレートに伝えるのが良いかもしれません。

「どうして〇〇してくれないの!」ではなく、「〇〇してくれたら嬉しいな!」というニュアンスで伝えれば、彼の受け取り方も好意的になりでしょう。

そして「ありがとう」や「嬉しい」「楽しい」気持ちは、大きなリアクションで伝えることが大切といえます。

笑顔を忘れない

まず基本的なことですが、自分自身がいつも笑顔でいれる状態でいることもポイントの1つといえます。

いつもイライラしている人とは一緒にいたいとは思わないでしょう。

ずっと長く、そして多く一緒にいる彼氏が相手なら、なおのこと笑顔でいることが大切かもしれません。

ときにはイライラすることもあるでしょう。

それでも、「いい気分でいよう」と心がけるだけで、彼との関係性向上が見込めますよ。

気づいてほしいことをさりげなくアピールする

気づいてほしいことをさりげなくアピールする

ファッションやメイクを変えたとき、「可愛いね」と言ってもらえたらうれしい気持ちになりませんか?

頑張ったことや、上達したことを褒めてもらいたいというケースもあると思います。

でも、男性は鈍感で、気づいていても照れくさくて言えない場合もあります。

そのため、「なんで言ってくれないの!」と機嫌を悪くしてしまうのは避けた方が良いでしょう。

褒めてほしい、気づいてほしいときは、「ね~? 言ってほしいことがあるんだけどな~?」とリクエストするのもアリかも。

なにも言わないで褒めもらえるのが一番かもしれません。

ただ、気づいてくれないことでイライラするよりは、何倍も愛される彼女になれる可能性が高まります。

言い続ければそのうち、彼も気づきやすくなったり、素直に褒めてくれたりすることでしょう。

嫉妬心はため込まない

大好きであればあるほど、彼の周囲のことに敏感になり、嫉妬を感じやすくなりませんか?

「でもそれを言ったら、彼の気分を害してしまうかもしれない」と考えたこともあるかもしれませんね。

しかし、嫉妬を感じたら、溜め込まずに伝えるほうが愛されるようです。

嫉妬は、使い方が正しければ愛情表現の1つとも考えられるからです。

ちょっとためらいがちに、素直に自分の気持ちを話して可愛く嫉妬してみると良いでしょう。

もしかしたら「可愛い」と思ってもらえるかも。

我慢を重ねてがんじがらめにならないで!

愛されるために自分を我慢したり、自分を取り繕ったりする必要はないようです。

頑張る必要があるのは、彼とのコミュニケーションをとることでしょう。

みなさんも長く愛されるために、意識してみても良いかもしれませんね。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)