恋のアプローチは、あなたの好意を意中の相手にわかってもらおうとする行動です。

しかし、アプローチ方法によっては彼の性格によっては男性に嫌われてしまうことも……。

そこで今回は、男性の星座別に「彼がドン引きするアプローチ」を占ってみました。

前編に引き続き、後編のご紹介です♡

【後編】男性の星座で占う!彼がドン引きするアプローチって?

てんびん座(9/23~10/23)

……結婚をチラつかせる

ひとめぼれのような、急激に恋に落ちるといったことから程遠い性格なのが、てんびん座の男性です。

アプローチ段階で結婚をちらつかせるとか、子どもはたくさん欲しいよねとかいう、不確実な未来を語られるほどに、どんどん彼の気持ちは冷めていくでしょう。

さそり座(10/24~11/21)

……軽いノリでのアプローチ

恋のアプローチをする=結婚、とまでは言わないけれども、ある程度の覚悟をもってしているはず、と考えるのがさそり座の男性。

「とりあえず付き合ってみない?」とか「体の関係からはじまる恋もあるよ」なんていう、軽いノリでのアプローチをされたら、彼は冷めます。

いて座(11/22~12/21)

……依存した態度

「あなたに付いていきます。あなたの好みに染まります」のようなアプローチには、いて座の男性は速攻冷めるでしょう。

なぜなら、いて座は恋のハンター。

ちょっと理想が高くて、思い通りにいかない女性に恋愛感情を燃やしがち。

狩る必要のない女性には、気持ちが動かないでしょう。

やぎ座(12/22~1/19)

……用事のない連絡

定期的に「お仕事忙しい?」と様子を聞いたり、「おはよう」とか「おやすみ」とかLINEして好意を伝えたりするアプローチは、やぎ座の男性には逆効果。

「用事もないのになんなんだ?仕事はもちろん忙しいんだけど」と冷められてしまうだけです。

みずがめ座(1/20~2/18)

……できることを頼る

みずがめ座の男性は、恋人も夫婦も、お互いに自立しようという意識を持つべきだと考えています。

「男の人は女性に頼られるのが好きなんだよね」と、自分でできることも頼ってしまうと、「なぜやらない?もしかして無能?」と思われるかも。

うお座(2/19~3/20)

……子ども扱いする

「かわいい~」と子ども扱いするのはNG。

「確かに自分には子どもっぽいところがあるけれど、ずばりそこを突いてアプローチしてくることはないじゃんか……」と、密かに傷つきひねくれ、あなたに冷めるのです。

相手に合わせたアプローチを

アプローチ方法を間違えると大変です!

あの彼には通用したのに、この彼には全然ダメということも。

意中の相手に合わせたアプローチ方法を試してみてくださいね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)