「こんな女性と結婚したいな」
「家庭的な女性がいいな」
もしかしたら、彼も結婚相手に対して理想を思い描いているかもしれません。

前編ではおとめ座の男性まで見てきましたが、ここではその続きを紹介します。

彼がどのような女性と「結婚したい」と感じているのでしょうか?

一緒に見ていきましょう。

【後編】彼の12星座別・「結婚を意識する女性」の特徴って?

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

【感性豊かで自立した女性】

てんびん座の男性は、基本的に自分と感性が合う異性を恋愛対象に見るところもあるようです。

外見も言動も野暮ったいタイプは苦手で、洗練されたセンスを持つ女性や、スマートにオシャレな人を妻に選ぶ可能性アリです。

また、てんびん座の男性は、妻がキャリア志向だったり、結婚も積極的に外へ出ていこうとしたりしても、あまり気にしないかもしれません。

妻は家をしっかり守るものという考えがあまりないので、家庭の外で活躍することを応援する場合が多いようです。

「私のスタイル」が確立している女性が、妻に選ばれやすいでしょう。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

【一途な女性】

さそり座の男性は、夫婦関係になっても妻にずっと恋愛感情を持ち続けられるタイプなのかも。

「好き」と思ったらとことんのめり込んでいくので、妻の行動がいつも気になっている……、なんてこともあるでしょう。

「浮気なんてもってのほか!」烈火のごとく怒るか、相手の男性に仕返しをするかもしれません。

そのため、さそり座の男性が妻として選びたいのは、とにかく誠実な女性のようです。

自分だけを見つめて、永遠の愛を誓ってくれる人が理想なのでしょう。

また、自立心があって「亭主元気で留守がいい」と一人の時間を楽しめる女性よりは、少しでも帰りが遅くなったら「早く帰ってきて。寂しい」と連絡してくるタイプのほうが、妻の愛を感じるのかもしれません。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

【自由を許してくれる女性】

いて座の男性は自由奔放。

結婚していても、やりたいことがあればやるし、仕事や趣味といった個人の活動をセーブすることは少ないかもしれません。

そのため、いて座の男性と夫婦関係を結べるのは、「自由を許してくれる女性」といえるでしょう。

そして、家庭のルールや家族への気遣いをそれとなく教えられる女性も、妻としてふさわしいといえます。

家庭という大きな枠を作り上げ、その中で自由に夫を遊ばせられるような、しっかり者で寛容な女性こそ、いて座の男性にとって理想の妻なのかもしれません。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

【誠実なパートナーとなってくれる女性】

やぎ座の男性は、自分の中にキチンとしたルールを持っていて、妥協しないところもあるみたい。

また、現実主義者でもあるので、夫婦関係にフワフワした夢物語は見ないかもしれません。

妻には、社会性があって誠実、むやみに出しゃばらないタイプの古風な女性を求めることでしょう。

昔ながらの「良き妻、良き母」というイメージを思い描いている可能性アリです。

やぎ座の男性には、「家族という船のかじ取りをするのは夫の役目、妻はそのサポート役であるべき」という感覚があるでしょう。

そのため、外見よりも内面を重視して、過剰なキャリア志向もない女性が理想的と考えるかもしれません。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

【自分の考えがある女性】

みずがめ座の男性は、結婚といっても昔ながらの型にハマった夫婦関係を実現しようとは考えないかもしれません。

自分の仕事や趣味を結婚によって制限したくはないし、妻にも同じように自分の人生を生きてほしいと考えているところもあるみたい。

そのため、みずがめ座の男性はポリシーのある女性が好きで、結婚後も仕事や趣味といった個人的な活動を続けられるタイプを妻に選ぶでしょう。

必要であれば、別居婚や週末婚でも構わない……、なんて思っている部分もあるかもしれません。

あるいは、そもそも内縁状態で満足して、結婚の必要性を感じない可能性も……。

そんな自由な感覚に同調できる女性が、みずがめ座の男性の妻になれることでしょう。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

【永遠の愛を誓ってくれる女性】

うお座の男性は、自身も愛情深いところもあり、好きになる相手にもたくさん愛してほしいと考えているかも。

「新婚夫婦のようなベタベタの甘いやり取りをずっと続けていきたい」と思うので、愛情表現が豊かな女性を妻に選ぶでしょう。

また、うお座の男性は愛する人といつも一緒にいたいし、妻にはあたたかな家庭を作ってほしいと願っている可能性アリです。

過剰なキャリア志向を持っていて、家庭より仕事に時間を費やす女性はNG主婦として家にいても、家事や子どもが苦手なタイプには寂しさを感じるかもしれません。

家庭重視の典型的な「お母さん」タイプが好きなのでしょう。

幸せな結婚生活を目指すために…

結婚は、あなたの人生にも、彼の人生にも、大きな影響をもたらすものでしょう。

あなたも彼も我慢することなく、幸せな結婚生活を送っていくためにも、彼と価値観をすり合わせていくことが大切なのかもしれません。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)