「何かが足りないんだよね」とか「○○さえなかったらな」など、気になっている相手に対して、違和感を感じてしまうことも少なくありません。

逆に言うと、いくら好みのタイプでも、そこが欠けていると恋人候補としては見られないとも言えます。

そこで今回は、「恋愛対象外」になりがちな女性の特徴をご紹介!

友達ならいいけど…。「恋愛対象外」になりがちな女性の特徴

清潔感がない

どんなに可愛らしいルックスの女性でも、「清潔感」に欠けているところを目にしたら一気に冷めてしまいます。

髪の毛がボサボサ、メイクが荒い、洋服がヨレヨレ、デスク周りが汚い、といった部分は目につきやすく、幻滅ポイントに。

「もう少し清潔感さえあれば……」というのは非常に惜しいのと同時に、絶対に譲れないものでもあります。

最低限の清潔感は常に保っておかないと、どんなに仲良くなっても友達以上の関係にはなれないままですよ。

動作がガサツ

バンッと投げるように物を置いたり、ドアを激しく開け閉めしたり、ドタドタと大きな音を立てて歩いたり……。

動作がいちいち荒々しくて、乱暴な女性には当然ながら、ガサツで雑な印象を抱いてしまいます。

見た目が可愛らしかったり、女性ぽかったりする女性が、そういった行動を取ることで、男性のガッカリ度もより大きくなるでしょう。

男性は意外と女性の細かい所作に「女」を感じるので、普段からおしとやかな所作について意識を持っておくことは大切ですよ。

恋愛に興味がなさそう

親しくなってきてはいるのに、肝心の恋愛に対しての手応えがあまり感じられないと、それ以上は踏み込みにくくなるもの。

そもそも、恋人を特に必要としていないように見えると、男性も脈なしと、恋愛対象からは外してしまうはずです。

また、一緒にいるときに自己主張がほとんどなく、全てを自分任せにされるのも、物足りなさを感じてしまいます。

「好き」という思いがあるのなら、少しずつでもいいので表現するべきですし、自分の気持ちや考えもちゃんと言葉にした方が、男性も素直に喜んでくれることでしょう。

お喋りすぎる

男性はお喋りが大好きな女性に対しては、「喋らなければ可愛いのにな」なんて感じることが多いよう。

喋りだしたら止まらなかったり、いつもつねに誰かとお喋りをしていたりするような女性には、うるさく感じてしまうのだとか。

楽しくて友達としてはいいかもしれませんが、彼女にするとなると、「あのお喋りにずっと付き合わされるのか」とか「なんでもベラベラと話されちゃいそうだな」などと、マイナスな面が大きく感じられるのでしょう。

「会話が楽しい」というのは距離を縮めるうえで最も効果的なことですので、会話のキャッチボールを心がけて、一方的に喋り続けないのが大切です。

自分磨きをしてみて

清潔であることや、意思表示をするなど、社会人として最低限のことができていない相手に対しては、ちょっと物足りなさを感じるのかも。

自分が理想とする女性像を洗い出して、自分磨きを意識するだけでも、恋愛に進展や動きが起こる可能性も高いですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)