今や、ふたりの恋愛ツールとして欠かせないLINE。

彼のあなたへの気持ちを伝えることにも大助かりなツールと言って良いでしょう。

男性の干支別に、彼女への気持ちが冷めてきたときに送りがちなLINEの内容やLINEの仕方と、それに対してどのような返事をすればよいのかを占います。

【前編】彼の干支別・男性が「なんか冷めたなぁ」と思ったときに送るLINEとは

子(ねずみ)年生まれ

【返事がテキトーになる】

子年生まれの男性は、マメマメしいところがあるようです。

ただ、冷めてくるとそれはもうテキトーなLINEになっちゃうかも。

「あーそうなんだー」「へえー」「すごいね」「ふーん」のような相づちばかり……、なんて場合も考えられます。

めげずに、主語述語をしっかり入れた用件LINEをマメにするようにしましょう。

丑(うし)年生まれ

【返事が来なくなる】

融通の利かないところもある、丑年生まれの男性。

冷めたと自覚するとピタッとLINEが止まりやすいかもしれません。

反応がない画面を見ていても仕方ないので、「話したいことがあるから会いに行きます。いつが都合よいですか?」とLINEをし、電話してみても良いかもしれませんね。

彼は意外とちゃんと話す人が好きなところもあるようです。

寅(とら)年生まれ

【責めるようなLINEが来る】

付き合いが長くなると冷める可能性が高くなる、寅年生まれの男性。

もともと秘めている理屈っぽさが強くなるのか、「何それ」「どういうこと」と問い詰めたり責めたりするLINEになっていくかも。

恋愛初期の思い出の言葉やデートなどをLINEに盛り込み、最初の頃の気持ちを思い出させてみても良いでしょう。

卯(うさぎ)年生まれ

【誘いを断る頻度が増える】

卯年生まれの男性は、気持ちが冷めてももめるのがイヤなようです。

そのため、返事はわりとマメに返してくれるでしょう。

しかし、会う時間や場所を決めるような具体的な内容には「仕事が入るかも」とか、不可抗力的なことを隠れミノに断ってくるかもしれません。

「いつかは会えるはず」と焦らずアポ取りを続けても良いかもしれません。

辰(たつ)年生まれ

【直球にNOと伝えてくる】

そもそもLINEが苦手なところもある、辰年生まれの男性。

気持ちが冷めてくると、微妙な言葉での表現をさらに考えられなくなり、ダメ出しばかりに。「ダメだ」と直球ストレートなLINEになっちゃう可能性アリです。

ストレートにはストレートな返しで、あなたの気持ちを伝えましょう。

巳(へび)年生まれ

【ちょっとした嫌みが増えてくる】

恋人だとしても他人に本心を見せないところがある、巳年生まれの男性。

それでも多少自分をさらけ出してきた分、冷めた気持ちを相手にぶつけたくなるようで、「そんなことやってるんだ」「暇なんだね」のような嫌みなLINEをしがちかもしれません。

「そんなこと言わないで」と心の広さを見せましょう。

不用意なLINEは危険かも……?

気持ちが冷めているときは、1人になりたいというサインかもしれません。

そんなときは執拗にLINEをするのではなく、彼を見守るような姿勢も大切といえるでしょう。

後編もお楽しみに!

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)

●午年~亥年の男性が「なんか冷めたなぁ」と思ったときに送るLINEとは