「好きな人とはいつもベタベタしていたい!」と思う女性は多いのではないでしょうか?

でもじつは、お付き合いが長続きしているカップルは、ある程度の距離感を保っているもの。

そこで今回は、仲良しカップルの「ベストな距離感」をご紹介します。

長続きする!仲良しカップルの「ベストな距離感」

会いすぎない

「会いたいから!」という自己中心な考えで彼に会いに行くのは迷惑なときもあります。

相手の状況を考えて、忙しいときは会うのを控えたり、疲れていそうな時は1人にしてあげたりする距離の取り方をしてあげましょう。

ただ、ほどよい「ベストな距離感=会うのを我慢する」ということではありません。

プライベートも仕事も大事にしつつ、会えるときには会う。

そんな距離感が大切です。

LINEは控えめに

LINEやメールは電話と違って、いつでもOKという意識がある人は多いようです。

自分の都合でできるから、自己満足で送っている女性もいますよね?

確かに時間があるときにチェックできるから少し気楽ではありますが、どんな返信をしたら良いか分からない内容のものは正直面倒……。

とくに、今や仕事でも電話よりもメールやメッセ、LINEでのやりとりが増えているので、そんななかではプライベートの連絡は後回しになりがちです。

「いつも自分を見ていて欲しい」アピールは、きちんと働いている大人には通用しません。

必要なとき以外はたまに連絡がくるだけ。

寂しく感じるくらいが想いも深まりますよ。

「ずっと一緒=愛」ではない

「ずっと一緒=愛」ではない

頻繁に会っていると、お互いいるのが当たり前になってしまってマンネリ化するのも早い。

そんなことがよく言われますが、大人になればなるほどそんなには会えないものですよね。

毎日のように会えるのは学生のうちだけ。

もしくはお付き合い始めのうちだけでしょう。

なので、飽きちゃうほどの時間を共有できるのは、ちゃんと仕事をしている大人には難しい話です。

ずっといっしょにいることと、長続きは別問題。

長くお付き合いするためには、物理的な距離だけでなく、心の距離も大事になります。

そこを含めて彼との距離感を考えてみてくださいね。

自然な距離感が大切

距離の取り方が絶妙な相手だと、気を遣わずにずっといっしょにいることができます。

その距離の取り方が難しく感じるかもしれませんが、相手のことを思いやっていれば、自然とタイミングや距離も分かりるものです。

関係を長続きさせるためにお互いに相手を尊重して2人で付き合っていってくださいね。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)