冷めたときこそ、あなたの対応が問われるとき……、そんな可能性が大いにあります。

そこで、前編に引き続き、男性の干支別で「冷めたときのLINE」を紹介していきます。

【後編】彼の干支別・男性が「なんか冷めたなぁ」と思ったときに送るLINEとは

午(うま)年生まれ

【ハッキリ「冷めた」と伝えてくる】

開けっぴろげなところもある、午年生まれの男性。

「ちょっとさ、最近冷めてきてるんだよね」と、自分の気持ちが冷めていることをすぐにLINEでも申告してくる傾向があるかもしれません。

「じゃ、テンション上げよう!どこに遊びに行く?」とあくまでも前向きな提案をして、関係を盛り上げみても良いでしょう。

未(ひつじ)年生まれ

【ネガティブな返事がくる】

自分に自信がすぐなくなるところもある、未年生まれの男性。

自分の気持ちが冷めると、「相手も冷めてるんじゃ……」と思ってしまうのでしょう。

「もっと君には合う人がいるよ」と、ネガティブなLINEを送ってしまうこともあるようです。

「違うから!」ときっぱり否定して「ちゃんと好き」と言えば、「そうかも」となるかもしれません。

申(さる)年生まれ

【言い訳かスタンプのみになってくる】

気持ちが冷めてくると他の女性に気持ちが行きはじめるところもある、移り気も奥底に秘めている申年生まれの男性。

新たな出会いにいそしんでいて「忙しい」か、スタンプのみのLINEが増えるかもしれません。

申年が褒め言葉に弱いので「仕事できるから忙しいんだね」と持ち上げて気を引きましょう。

酉(とり)年生まれ

【「なんで急に態度変わったの?」と聞いてくる】

冷めることなどないような、納得のいく相手をじっくり選んで恋人にする節がある、酉年生まれの男性。

それなのに冷めたら、彼女に「何かあった?」と、原因を突き止めようとするかもしれません。

自分は何も変わっていないことを、時間をかけて説明すれば、気持ちが戻る可能性が高まるでしょう。

戌(いぬ)年生まれ

【距離を置くような口調になる】

気持ちが冷めてきても、相手の女性に悪くて冷たい言葉などとてもかけられないことろがある、戌年生まれの男性。

でも、甘い言葉も使えないので、ギクシャクした丁寧語を使ってくることが増えるかもしれません。

彼は情にもろいので、「もっと一緒にいたい~」と情に訴えるLINEをしてみても良いでしょう。

戌(いぬ)年生まれ

【そもそも既読もつかない】

冷めてくると、時間と労力を使うのがめんどうに感じることもある、亥年生まれの男性。

LINEを確認するのもイヤで、未読無視をしているうちに女性の存在を忘れちゃうかも。

手ごたえがないと思ったら、メールでも電話でもガンガンアタックして、思い出させるのも良いでしょう。

次に切り替えることも大切かも

なんだか態度が冷たくなってきていると思ってしょんぼりと凹んでいたら、フェードアウトで終わってしまうかも。

何もせずに悲しんでいても、事態はまず良くならないかもしれません。

ここが正念場と思って、アクティブに動いてみても良いでしょう。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)