飲み会で気になる男性と出会ったものの、結局最後までLINEは交換できないまま……。

でも、「脈なしかも」とショックを受けるのはまだ早いかもしれません。

男性にはLINEを交換しない本音があるようです。

そこで今回は、女性のLINEゲットエピソードとあわせて、アドバイスをご紹介します。

脈ありの可能性も?LINEを聞いてこない男性の本音

チャラいと思われたくない

「飲み会で『LINE交換しよ~!』って言ったらノリが軽いと思われそうで嫌。逆に女性側から聞かれるのも苦手で、『なんだかノリ軽いな』って思ってしまう。

もし飲み会でタイプの女性を見つけたら、飲み会中になるべく会話して親密になっておいて、後日他のメンバーづたいに自分の連絡先をその子に伝える。この流れなら、きちんと仲良くなった後で連絡先を交換することになる!」(26歳/IT関連会社)

飲み会とLINE交換を並べることで「ノリが軽い」と考える男性も。

こちらの男性のように、飲み会では仲良くなることに専念し、後日連絡先を教えることで女性との距離感をより縮める方法もあります。

飲み会でLINE交換を求めて「ノリが軽い」と女性からマイナスイメージを持たれる可能性を思えば、後日交換の方法にしたほうが安心かもしれませんね。

単に交換するタイミングがなかった

「飲み会で気になる子がいても、そう簡単に連絡先聞けるもんじゃないです。『自然に聞くにはどうしたらいいか』って悩むのは男も同じ。

結局タイミング逃して交換するタイミングないまま終了、っていうのもよくある話です」(24歳/建設会社)

単純に交換するタイミングがなかった、という本音を持つ男性は意外といるようです。

どんなにタイプの女性がいたとしても、話しかけるタイミングや交換を切り出すタイミングがなければ成功には至らないもの。

飲み会の間じゅうタイミングを見計らっていても、結局は失敗に終わる……そんな不運な展開もあるようです。

自然にLINEを交換するには…

「『全員で交換し合おう』と提案すれば確実にゲット!一番無難な方法じゃないかな」(23歳/美容師)

「会話のなかから共通の趣味などの話題を見つけて、『また詳しく聞かせてくださいね』とLINE交換につなげる」(24歳/食品メーカー)

「LINEの話題を男性に振る。『最近このスタンプハマってて~』とか、『この機能知ってる?』とか、自然とスマホを見せる流れを作ってそのまま交換」(24歳/美容部員)

女性たちはいろんな方法で男性たちを誘導しているようです。

共通するポイントは、「自ら行動する気持ちがあるかどうか」。

待っていてもチャンスを逃すだけ……それなら思い切って行動したほうがよさそうですね。

決して脈なしとは限らない!

飲み会で男性とのLINE交換がないことには、必ずしも脈あり・脈なしが関係しているわけではありません。

じつはご紹介した本音の例に当てはまっている可能性も……。

それらをふまえたうえで、気になる男性にLINE交換を求めるときは自然な流れを意識するようにしましょう!

(愛カツ編集部)