深く考えずに送ったLINEが、知らず知らずのうちに相手をイラっとさせたり、傷つけたりしているかもしれません。

お互いに価値観や考え方が違うと、そんなことも起こり得るでしょう。

そこで今回は、男性が思わずイラっとしたり、がっかりしたりするLINEを3つ集めてみました。

がっかり…男性を落ち込ませる残念LINE3つ

「無理」

思わず簡単に使ってしまいがちな言葉ですが、頻繁に言われるとへこんでしまいます。

なんの遠慮もなく、「明日のデート無理」なんて言われたら誰でもがっかりするでしょう。

デートなどキャンセルしたいときは、「都合つかなくてごめんね」など、ソフトに伝えましょう。

「いま暇?」

相手の状況を聞きたいときに使いやすい言葉です。

しかし、男性のなかには、まるで暇に思われているようで嫌だなどとマイナス印象を持つことも。

本当はもっと忙しく働きたいと思っている男性にとって、彼女から暇かどうかばかり聞かれると、傷つくこともあるようです。

「いま忙しいの」

彼女から「いま忙しいの」と言われるのも、がっかりするLINEのひとつです。

会いたくて連絡しているのに、ひと言で拒絶されてしまうと、それ以上言えることがありません。

「忙しい」だけでなく、「〇〇日なら空いている」など、予定を伝えるといいかもしれません。

小さな気遣いが大切

同じことを伝えたくても、少し表現を変えるだけで男性が抱く印象は大きく変わります。

思わぬ誤解を与えないように、小さな気遣いを大切にしましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)