交際中だからといって、なんでも言ってもいいというわけではありません。

もしかしたら普段の行いのなかにも、彼からうざがられているものがあるかも?

今回は、男性がイラっとする女性の言動について5つご紹介します。

ベタ惚れも一気に冷める…男性を無意識に責めてしまう5つのワード

「つまんない」

もっと楽しませてよ!という意味で、「つまらない」という言葉を使うこともあるでしょう。

彼が一生懸命やっているのに、そこに目新しいことがないといわれてしまうと幻滅してしまいます。

もしも楽しさや刺激が欲しいなら、彼にそれを提案すべきです。

彼氏任せにしてしまっているところも、ウザ彼女認定ポイントとなるので合わせてご注意です。

「いつも、そうだよね」

たとえば「いつもかっこいいよね」などポジティブな言葉ならOKです。

しかし、否定的なワードがつづいてしまうのは要注意。

男性にとって、バカにされてしまいます。

相手を不快にさせる発言は避けるようにしましょう。

「私の言う通り」

たとえ実際に、彼女の言う通りになったとしても、それを発言するのはやめましょう。

最終的に物事の選択をしたのは紛れもない彼。

つまりこの言葉は、彼の判断、そして彼自身を否定することにあたります。

相手の考え方や性格を否定する言葉は、彼に言わないようにしましょう。

「私以外にモテないでしょ」

いくら彼氏が自分にベタ惚れでも、この発言はNG!

一気に恋心が冷めてしまします。

彼を傷つける言葉にもなりかねないので、注意しましょう。

「どうせ暇でしょ?」

相手も生活がありますから、自分の用事や仕事もあります。

いつも一生懸命なのに、彼女からこんなことを言われてしまったら、かなりショックを受けるでしょう。

嫌われてしまっても仕方ないかもしれません。

無意識でも要注意

もしもこれらの発言に心当たりがある場合は、自分の言動を見直した方がいいでしょう。

つい言ってしまうようなワードばかりなので、口癖になっている場合も。

もしあなたが、いまの関係を安定させたいと思っているのであれば、十分に注意してくださいね。

(秋佳 珠/ライター)

(愛カツ編集部)