楽しくおしゃべりしていたのに、彼がいきなり不機嫌になったり、口を閉ざしたときは、あなたの何気ない言動が原因になっていることがあります。

言葉はいいことばかりを伝えるのではなく、時には悪いことも相手に伝えてしまうものです。

そこで今回は、「彼氏を不安にさせる」女性の発言をご紹介します。

NGワードを控えるだけでも随分と彼との関係はよくなるはずですよ。

気を付けて!「彼氏を不安にさせる」女性の発言

「こんなこともできないの?」

男性は見栄を張りがちな生き物です。

なのに、大好きな彼女にこんなことも知らないの?こんなこともできないの?っていわれたら凹みますよね。

見栄を張れるどころか、バカにされたと思って、プライドがぼろぼろになってしまうかもしれません。

みんながみんな同じ時間を生きているわけでも、同じものに興味を抱いているわけでもないので、あなたが知っていることを、彼も知っていると思うのは間違いです。

世のなかにある知識は膨大なので、知らないことがあったり、できないことがあったりするのも不思議ではありません。

相手をけなすのではなく、自分から教えてあげるつもりで優しく教えてあげましょう。罵倒するような言葉は禁物です。

「あの人のほうが…」

ほかの人と比較して、「あの人は〇〇ができる」というのは、言い換えたら、あの人は〇〇ができるのに、あなたはできない、もしくはあなたはできないの?という意味で捉えられますよね。

そんなことをいわれたら、彼も心中穏やかではいられません。

とくにこれが元カレとの比較なら最悪です。

逆の立場になればわかると思いますが、男性から女性も「前の彼女はこうしてくれた」「元カノはこんなにやさしかった」なんていわれたら、腹が立ちますよね。

人は誰でも得意なこともあれば不得意なこともあります。

それも含めてその人を形作っているので、人格を否定されたら辛いですよね。

「恋愛より仕事が大事」

仕事がノリノリのとき、女性もついつい「今は恋愛より仕事が大事」と言ってしまうことがあります。

彼からすれば「俺より仕事の方が優先なんだな」って思ってしまうかも。

仕事や転勤のためなら、彼と別れてまでそちらを優先されるんじゃないかと思って、不安を感じる人もいるんですよ。

彼があなたのことが好きと思っていれば思っているほど、この言葉は彼にとっては切ないですよね。

安定した関係のために

彼の不安をあおる言葉は安定した恋愛の妨げになります。

不安を感じるあまり、別れにまで発展してしまう人もいるほど。

安定した関係が続くよう、言葉選びに注意しましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)