顔はタイプなのに、ふとした仕草や行動のせいで一気に残念な女性に急降下……なんてことも意外とあるようです。

そこで今回は、顔はかわいいけどここが残念……という女性の特徴をご紹介します。

あなたもじつは当てはまっているかも……。

ぜひチェックしてみてくださいね。

顔はかわいいのに…残念だと思われてしまう女性の特徴

服装がだらしない

「社内でも噂になるほど可愛い女性。社内での評判も良くて好感度も超高かったんです。でもあるとき、休日に最寄りの駅で見かけたことがあって、つい二度見してしまいました……彼女、全身ジャージ姿だったんです!

それも『高校の体操服?』と思うほど年季の入ったジャージで。会社では制服を着てるから気にならなかったけど、顔が可愛くても、あまりにも服装がダサいのはやっぱり残念ですね……」(24歳/派遣会社)

こちらは、残念なギャップにガッカリされてしまったパターン。

顔が可愛ければなんでもOK、というわけにはいかないようです。

モデルや芸能人のように完璧なファッションを求めているわけではなくても、やっぱりある程度装いには気を遣っていてほしいとのこと。

パジャマのような服装や、何年も着ていそうな古びた服装で平気で外出する女性に対して、シビアな意見を持つ男子は多いようです。

逆にいつも服装やヘア、メイクが綺麗に整っている女性には、それだけで美人なイメージを持ってしまうことも少なくないんだとか。

食事のマナーが悪い

「会社の飲み会で一緒になった超美人の女性。顔は芸能人級に可愛いけど、食事がスタートした瞬間、残念な印象に……。ふと彼女を見たら、運ばれてきた料理を我さきにがっついていたんです。

さらにはポテトフライを手で食べ、その手をぺろぺろと舐めていて。その姿にはさすがに幻滅でしたね。僕的には、顔よりも女性らしい人の方が何倍も好感持てるな……」(23歳/飲食店勤務)

食べ方が汚かったり、身なりがだらしなかったり。

女性らしさが感じられない行動を見かけると、顔の可愛さとのギャップに一層ガッカリしてしまうようです。

顔の可愛さが仇になってしまっている感じも否めませんが……。

とにかく「女性らしい振舞いや仕草」は男性のなかで重要なポイントみたいですね。

ファザコンが過ぎる

ファザコンが過ぎる

「会社で知り合った彼女は顔が超タイプで、周囲にも『可愛い』『お前には不釣り合い!』と言われるほどの女性。でも彼女と話していると、どの話題にも、お父さんが登場するんです……。『パパが服選んでくれたんだ~』とか、『このお店、パパがおすすめって教えてくれて』とか。

それでも最初はお父さん好きなんだな、程度でしたが、パパとの予定が入ったと言ってデートをドタキャンされることが続いたときには、さすがに無理かもと思っちゃいました。顔は可愛いけど、あまりにファザコンな彼女とは長くは続きませんでした……」(25歳/パティシエ)

どんなに可愛い女性でも、彼よりもパパを優先するファザコンな女性だと、男性はガッカリしちゃうよう。

パパが好きなのは自由だけど、自分と一緒にいるときくらいはやっぱり自分を優先してほしいと思うのが男性の本音のようです。

パパやママ以外に、芸能人やキャラクターなどに極度に依存している女性にも、顔が可愛くても男性は引いちゃうみたいですよ。

女性らしい振る舞いを意識

顔の可愛さはもちろん魅力的だけれど、だからこそ、男性はその内面にも大きな期待を抱きがち。

女子力が低いと残念と判定されちゃうみたいです。

最終的に男性にとって好感度が高いのは、身だしなみに気を遣っていたり、女性らしいふるまいや仕草が自然にできる女性、ということなんですね。

(ぐみこ/ライター)

(愛カツ編集部)