男女を問わず、束縛されたいという人もいれば、束縛なんて恋人同士でもありえないという考えの人もいます。

とはいえ、多くの男性が苦手な束縛もいくつかあるようです。

2人の関係をよくしようとしたことが、悪化の原因に……なんてことにならないよう、今回は彼女からのしんどい「束縛」をご紹介します。

さすがにキツい…彼女からのしんどい「束縛」とは

予定の詳細を聞かれる

「元カノが束縛ひどくて、友達と遊びに行くっていうと『どこに何時から?何時ごろに帰ってくるの?』って、まるで事情聴取みたいに聞かれてました。

してもいないのに浮気を疑われている気がして、本当にイヤでしたね。僕自身はやましいことはまったくなかったので答えてましたけど……そういうのが重なって、つらくなって別れました」(25歳/広告)

彼が自分と一緒にいない間になにをしているのかって、やっぱり気になっちゃいますよね。

でも、友達との遊びに釘を刺すような行動はやめましょう。

どんなに好きでも、いつでもそばにいられるわけでありません。

彼には彼の、あなたにはあなたの生活があります。

まずはその基盤をしっかりと保つことが、おたがいの気持ちを尊重することへの第一歩なのかもしれませんね。

毎日連絡して欲しいと言われる

「とくに理由もなく『毎日連絡してくれないとイヤ』っていうのは無理ですね。もちろん、連絡できるときはしますよ。

でもこっちも仕事でいそがしかったり、別の用事で疲れきっていて、連絡できない日もあるでしょ。そういう例外を認めずに、とにかくさびしいから毎日連絡してくれないとイヤ、みたいな子は付き合えません」(36歳/自動車)

朝起きたら彼に「おはよう」のLINE、という女性も多いはず。

ですが、それを義務のように押し付けてしまうと、めんどうに感じられちゃうかも。

彼の事情も考えられてこそ、本当の恋人といえるのではないでしょうか。

帰って欲しくないと懇願される

帰って欲しくないと懇願される

「付き合う前だったんですけど、その子の家でご飯を食べて『今日はまだ仕事があるから帰るね』って言っているのに、色じかけのつもりかもしれないですが、で『帰っちゃヤダ』とか言ってきた子。

あれはないなと思いました。こっちの状況もわかっていないし、ワガママにもほどがあると」(31歳/自営業)

多くの男性は社会人として、自分の仕事に関してシビアに考えています。

まだまだ安定しているとは言い切れない世のなかですから、いつなにがあるかわかりません。

また、自分の夢や目標を実現するために努力している人も多いでしょう。

だからこそ真剣に取り組んでいるにもかかわらず、仕事に支障があるようなワガママを言われると、

たとえ彼女でも「ありえない」と感じてしまうことも。

仕事と言われたら、素直に身を引いてあげてください。

束縛はほどほどにした方がよさそう

彼氏なんだから自分のことを一番に考えて、自分の思い通りに動いてくれなきゃイヤ!

そう心のなかで思うのは自由ですが、それを押し付けすぎるときらわれちゃうかもしれません。

そうなってしまったら、関係の修復はむずかしいかも……どうかご注意を!

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)