大好きな彼の本命になれたらいいな……、そう思ったことはありませんか?

もしかしたら、もう彼は「本命サイン」を出しているかも……?

前編に続き、「本命」にしか言わないセリフを紹介していきます。

【後編】彼の12星座別・「本命」にしか言わないセリフとは

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

【「一緒にいると楽しい」】

てんびん座の男性はロマンチストなところもあり、物腰もやわらかのようです。

無意識のうちに、女性に気を持たせることも多いはず。彼がどれだけあなたを好きかわかりにくいタイプでしょう。

それでも、本気で好きな女性には、単に好意的なだけでなく、早く付き合いたい気持ちがにじむセリフを言うようです。

わかりやすいところでは「好きな人いないの?」「彼氏ほしくないの?」と言ってくるかもしれません。

「趣味が合うね」「一緒にいると楽しい」といった、自分たちがベストカップルだとアピールすることもあるそうです。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

【言葉より行動に現れる】

さそり座の男性は、愛情表現があまり上手ではないでしょう。

言葉を使ったアプローチは苦手で、そんな「不器用さ」を自分でも自覚しているかもしれません。

そのため、さそり座男性の場合、セリフよりも態度で見分けると良いかもしれません。

たとえば、そばにいると挙動不審になるとか、露骨にじっと見つめてくるなどするでしょう。

そうした態度のほうが、言葉で何か言われるより「好かれている」とわかるようです。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

【「好き」】

いて座の男性は、いいなと思ったらガマンしないかもしれません。

告白を恥ずかしいとは思いませんし、勇気もあるため、恋心を抑えることがほとんどないでしょう。

友人や仕事仲間としてすでに親しければ、すぐに「好き」と言うかも。

いきなりの告白が難しい相手なら、一対一の食事に誘うでしょう。

二人きりでじっくり話せるシチュエーションを作って、「付き合いたい」「彼女になって」と言うタイミングをはかるようです。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

【「何かあったら相談してね」】

やぎ座の男性は奥手で理性的なところもあるようです。

本音を探り出すのは簡単じゃないかもしれません。

ただ、あまり本気で女性を好きにならず、本気で好きなる人は「結婚まで考えられる人」という点が、見極めのポイントになるでしょう。

自分から好きと言うのを恥ずかしがり、惚れたほうが負けと思っているフシもあるので、わかりやすいセリフはあまり言わないかも。

言葉で表さない分、好きな人が困っているときに助けたりして、愛情を表現することが多いはず。「何かあったら相談して」が口癖になっているかも。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

【「なんか今日イイ感じだね」】

みずがめ座の男性は、自分のルールで生きるタイプなのかもしれません。

気の利いたことは言えないし、言うつもりもなく、感じたままを正直に言葉にするでしょう。

たとえば、「化粧が崩れて顔がドロドロでも頑張る姿が良かった」とか「あのファッション、モテはしないだろうけど、俺は結構好き」など、あまり良いように聞こえないセリフも、彼にとっては最大のほめ言葉なのかも。

実は彼なりの「好きのサイン」なのでしょう。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

【「好きにしていいよ」】

うお座の男性は、恋多きタイプところもありますが、受け身になることが多いでしょう。

言葉で自分の気持ちを伝えることが苦手なので、わかりやすいセリフは言わないかもしれません。

「キミの好きにしていいよ」「そういう考え方、良いと思う」など、同調する言葉が好きのサインになりそう。

それよりも、さりげないボディタッチや、いつも一緒にいたがるなど、距離の近い状態を好む態度のほうが、彼の本気度を理解できるかもしれません。

彼の愛情表現をキャッチしよう

愛情表現の仕方は、人それぞれのようです。

彼も、彼らしい方法で「好き」を使ってくるかもしれません。

「聞き逃していた……」ということにならないよう、彼の愛情表現を把握しておきたいところですね。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)