好きな人と連絡先を交換したら、LINEのやり取りでアピールが始まります。

しかし、自分を恋愛対象としてアピールしつつLINEのやりとりを続けるのは、なかなか難しいものです。

男性が思わずドキッとするLINEフレーズをご紹介します。

好きになっちゃう!男性が思わずドキッとするLINEフレーズとは

SNSに上がってない写真を送る

「定期的に『今日はこれ作ったよー!』『こんな服買ったんだ!』と写真を送ってくる女友だち。インスタにもアップしているのかなと思ったらそういうわけでもなく……。彼女発信のLINEでやり取りが続くことも多く、これはもしかして?と思っています」(24歳男性/営業)

もっと自分を知ってほしいと思う人は、写真付きのメッセージを送ってみましょう。

ただメッセージを送るより写真の方が、彼も印象に残りやすいはずです。

作った料理の写真なら家庭的アピールができたり、行ってみたいところの写真ならお誘いの口実にできたりするかもしれません。

SNSにアップしていない写真を彼だけに送るのも効果的です。

自分だけに見せる一面に、この子もしかして俺のこと好きなのかな?と思わせることができますよ。

SNSのコメントをLINEでくれる

「おしゃれカフェに行ったとき。SNSにアップしたらコメント欄にではなくLINEで『そのカフェ行きたかったとこー!どんなだったか感想教えてね』とメッセージが届きました。やり取りが続き、後日一緒に行く約束に。

一緒にいた友だちも同時刻にアップしていてそれも確認できるはずなのに自分にだけ、しかもLINEでメッセージがきたので、もしかして……と気になってしまいました」(25歳男性/ショップ店員)

LINEを続けるきっかけがほしいと思うときはSNSも利用しましょう。

SNSのメッセージだと少しのやり取りで終わる可能性大ですが、LINEなら長く続けやすくなるはず。

ただし、毎回だとうんざりされてしまう可能性もあるため、話題が続きそうな投稿に絞るのがおすすめ。会う口実ができそうな内容を選びましょう。

送るメッセージに名前が入っている

送るメッセージに名前が入っている

「LINEで名前を入れてくれると、自分へのメッセージなんだなとうれしくなります。『お疲れ様、○○くん!』なんて名前があるだけで距離が近い気分に。こっちも名前が呼びやすくなるし、脈があるのかも?と思うきっかけになることも」(26歳男性/公務員)

名前を呼び合うことは距離を縮めるための重要なポイントです。

直接呼ぶのは恥ずかしくても、LINEでならチャレンジしやすいのではないでしょうか。

メッセージの中にできるだけ名前を入れるよう心掛けてみましょう。

簡単ながらも好感度の上がる効果的なテクニックです。

LINEで彼をドキドキさせて

LINEは恋愛に欠かせないツールです。

メッセージのやりとりで、彼の気持ちをこちらに向けることもできます。

今回ご紹介した内容を参考に、LINEで気になる彼をドキドキさせてくださいね。

(愛カツ編集部)