同じ職場の人にひそかに好意を抱いていたのに、とある行動ですっかり幻滅……。

一緒に仕事をしていると、そんなことがあるようです。

今回は、そんな経験のある男性に、その瞬間がどんなものだったのか調査しました。

好印象だったのに…職場の女性に幻滅した瞬間とは?

私服のセンスが…

「若くてかわいい新入社員に一目惚れ。デートで水族館にいくことになったんですが……。

私服がよく動物柄のパーカーに、フリフリのミニスカートでした。ロリっぽさのアピールなのかよくわかりませんが、年齢差のせいか恥ずかしくて仕方なかったです」(29歳男性/電気機器)

「いつもスーツ姿が素敵な先輩。でも、一緒に食事に行ったときの私服は、若作りしすぎててびっくり。30代なら、ミニスカートやフリフリのレースは、避けたほうが無難だと思います」(携帯電話ショップ・27歳)

仕事でスーツを着ているなら、なにもしなくてもピシっと見えるところがあります。

それだけに、私服のセンスが壊滅的だと、余計にそのギャップが悪影響を与えるでしょう。

奇抜な服装はもちろんのこと、年相応のファッションか、チェックしておきましょう。

とくに、若作りや子供っぽさ全開のアイテムは悪い印象を与える可能性が高いですよ。

誰も見ていないところで…

誰も見ていないところで…

「いつも笑顔で上品。チラリと見せる女性らしさがかわいくて、本当に夢中でした。

でも、彼女がひとりで残業をしてるとき、椅子にダラ~っともたれかかって、脚も広げながら『あ”~!』と変な声を上げていて……。なんか下品な一面にガッカリ。もちろん、彼女となにかが始まることはありませんでしたね」(30歳男性/保険)

「気がつくと、いつも目で追っているほど夢中だった先輩。でも、休憩室でブーッ!とオナラをしているのを目撃してしまって……。僕の恋は、一瞬にして終わりました」(スポーツ用品開発・26歳)

ひとりのときに、うっかり油断してオッサンモードになるのは危険なところがあります。

その姿、意外と見られているもの。

また、直接彼に見られていなくても、目撃者がいればウワサは広まります。

どんなときも自然に品を保てるよう、公共の場で気を抜くのは避けてくださいね。

恋の地雷はどこにあるかわからない

恋は、いつどこで始まり、いつどこで終わるかわからないところがあります。

せっかくつかめそうな恋が、ちょっとしたあなたの言動で終わってしまう可能性も……。

無理のない範囲で大丈夫です。素敵な女性として振舞ってくださいね。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)