なにげない言葉で、気になる彼や恋人を怒らせてしまったことはありませんか?

どんなに容姿が整っている女性でも、相手をイラっとさせてしまう発言が多ければ、一緒にいたいとは思いませんよね。

そこで今回は、うっかり言ってしまいがちな、男性をイライラさせるセリフをご紹介します。

身に覚えがあるなら、これからは気をつけたほうがいいかもしれません。

うっかり注意!男性をイライラさせてしまうセリフ3つ

経歴や年収を根掘り葉掘り聞く

相手のことを知るため、もしくは会話を盛り上げるために、どんな学校を出てどんな会社に勤めているのかを聞くこともあるでしょう。

ただ真っ先に、学歴や会社名、年収といった、ステータスの高さばかりを気にするのは悪印象。

「お金目当てなんだな」と、イラっとしてしまう男性も少なくないです。

仕事の話題にしたければ、会社名を直接聞くのではなく、「どんなお仕事をされているんですか?」と、業種や職種で答えられる質問をするのが無難。

仕事にプライドを持っている男性は、さらに具体的な業務内容についてたずねると、ノリノリで話をしてくれます。

話のなかで、会社名を自分から名乗ってくれることもありますよ。

「わかんなーい」と丸投げ

なんでもすぐに「わかんなーい」と投げ出してしまう発言は、男性をイラッとさせがち。

「興味がない」と相手を突き放しているようにも聞こえるので、注意しましょう。

知らないことであれば「はじめて聞いた!教えて!」と、会話をふくらませるようにしてみてください。

また、「わかんなーい」と言って、調べればわかることまで相手任せにするのもNGです。

たとえばデートの際に指定された待ち合わせ場所について、自宅からのアクセス方法や最寄り駅からの道のりは、基本的に相手に聞かなくてもわかることですよね。

たしかに気の利く男性であれば、地図のURLやアクセス方法が書かれた画面のスクリーンショットなどを送ってくれることもあるでしょう。

でも大人ですから、ちょっと調べればわかるようなことをいちいち聞くと「めんどくさい」と思われてしまうのは当然です。

「どうせ私なんて…」と卑下する

「どうせ私なんて…」と卑下する

自分を必要以上に下げるネガティブな発言も、男性をイラッとさせてしまうので気をつけましょう。

ほめられたときに「いえいえ~、まだまだです!」とあかるく謙遜するくらいならいいのですが、「どうせ私なんてブスなので……」といった、反応にこまる発言は、めんどくさいと思われてしまいます。

ナルシストな発言をする必要はありませんが、一緒にいるときはできるだけあかるく、たのしい話題で盛り上がったほうが、好印象です!

うっかり発言には気をつけて!

どんなに外見を磨いて恋愛テクニックを駆使しても、イラっとさせる発言をしてしまっては、それまでの努力が水の泡になります。

男性から急に距離を置かれることが多ければ、「面倒くさい」と思われるような発言を無意識でしていないか、自分で振り返ってみましょう!

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)