まだ浅い付き合いでは、相手がいい人なのか悪い人なのか、見極めるのが難しいですよね。

男性のなかには、一見いい人だけど、古い価値観を持っている人も少なからずいるようです。

でも、もう時代は令和です。

そんな彼と結婚した場合、あなたが苦労してしまうかも。

そこで今回は、男性の価値観を見極める質問を3つご紹介します。

いい人かと思いきや…男性の価値観を見極める質問3つ

「結婚しても働きたいけどどう思う?」

昔の「女は家を守るもの」という考えをを引きずっている男性は、女性が外で働くことを良しとしない傾向にあります。

ひどい場合は、稼ぎがすくなくて家計が回らなくても、「お前のやりくりが下手だから」となってしまうでしょう。

そんな男性と一緒に過ごすことにならないためにも、しっかりと見極めておくことが大切です。

今は共働きの家庭も当たり前ですし、むしろ働いているからこそ、家庭に良い影響を与えることもできます。

結婚を考えている相手がいるなら、いちど話し合ってみるとよいでしょう。

「イクメンってどう思う?」

昔の価値観を引きずっている男性は、かなりの確率で育児に非協力的。

そもそも「育児は女の仕事」と思っているところがあるので、子供の面倒を見たり、おむつ替えをしたりは、彼のなかではありえないことなのでしょう。

イクメンについて聞いたときに、否定的な意見が返ってきたら、高い確率で彼は昔の価値観を持っている人です。

そういう人と結婚をすれば、子育てもあなたひとりですることになるでしょう。

体力的・精神的な負担、子育てをするなかで生まれた不安さえも、聞いてもらえないかもしれません。

彼がいくら魅力的でも、おたがいに支えあっていかなければ、結婚生活は成り立ちません。

まして子育ては、ふたりの子供である以上、協力していきたいものですね。

「結婚したら友達を家に招いても大丈夫?」

まれに、「結婚したら、ずっと家庭に閉じ込めておきたい」と考える男性がいます。

そういった人は、女性が外出して友人と食事したり、家庭に友達を招いたりするのをいやがる場合も多いものです。

そんな男性と結婚したら、交友関係はかなり制限され、友達はおろか、実家や兄弟と会うこともままならなくなってしまいますよね。

もし、「家に友達を連れてくるのは気が休まらないからいやだ」という男性なら、すこし注意したほうがいいかもしれません。

家庭に入っても、ある程度の自由を許してくれる人のほうが、おたがいに信頼できる関係を築けるのではないでしょうか。

深い仲になる前に見極めて

人の考え方や、ものの見方はそれぞれに違います。

今回ご紹介したものも、見方によっては良いものとされることもあるでしょう。

しかし、現代の価値観には合わなくなってきていることも事実。

これを読んでいるあなたが、あなた自身で見極めていただければと幸いです。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)