気になる彼とデートまでは進むのにそれ以上は発展しないというあなた、もしかしたら原因はアピールのしすぎにあるかもしれません。

今回は、男性に「過去のデートで経験した女性からのやりすぎアピール」を聞いてみました。

気合を入れるほどなぜかいつも恋が遠ざかってしまう方は、ぜひ参考にしてください。

彼女にするのは無理かも…デート中のやりすぎアピール3つ

やたらと多いボディタッチ

「ショーウィンドウを見るときに寄り添って背中をタッチしてきたり、手を引いてきたり……常にくっつかれるのはアピールが過剰かなぁと。

腕と腕が触れるくらいだとドキドキするんですけど、僕はボディタッチが多い女性はけっこう苦手。人の目も気になるし、そんな女性とは次に会う約束はしないかな」(22歳男性/大学院生)

たまにあるボディタッチは嬉しいけど何回もされると不快、というこちらの意見。

男性はみんな女性から触られたら嬉しい!なんてことはありませんので、距離の詰め方には気遣いが必要です。

ソーシャルディスタンスがスタンダードとなっている今、必要以上に近づかれると警戒してしまう男性もいるかもしれません。

手作りのプレゼント

「女友達が、ふたりで遊んだときにイニシャル入りの手作りアクセをプレゼントしてくれたんですが、俺アクセサリーはあんまりつけないし、イニシャル入りとか男友達に突っ込まれても困るし……。

別に付き合ってないのになんで?って。正直、気持ちが重すぎてちょっとひいちゃいました」(25歳男性/建築関係)

女性から急に手作りグッズをプレゼントされると警戒してしまう、受け取るのが怖い、といった意見もありました。

まず、プレゼントはなるべく誕生日やバレンタインデーなど不自然でないタイミングに渡しましょう。

また、彼氏未満の人に贈るなら気楽に受け取れるアイテムを選ぶのがおすすめ。

手作りプレゼントが全てNGというわけではなく、「手作りの焼き菓子をもらうくらいなら嬉しい」という声もあったので、食べ物や消耗品を選ぶなど工夫してみてくださいね。

ぶりっこすぎる!

彼女にするのは無理かも…デート中のやりすぎアピール3つ

「自分かわいいでしょアピールが過剰な子は、一回デートしたらお腹いっぱい。
上目遣いも、キャピキャピした話し方も、甘える仕草も、正直イライラしちゃうこともあります。次にデートする約束はしないですね」(27歳男性/商社勤務)

好きな人とデートをするときは、少しでも自分が相手にとって好ましくみえるよう努力しますよね。

それは自然なことです。ですが、あまりにもぶりっこをしてしまうと男性は引いてしまうようです。

普段友達や同僚といるときと明らかに違う態度だと違和感しかありません。

メイクやコーデも、自然体に近い方がポイントが高いようですよ。

やりすぎに気をつけよう!

あざとかわいいという言葉があるように、彼に好かれるために計算したりアピールしたりするのはもはや常識!

ただし、自分本意にアピールしすぎると逆効果になってしまうことも。

相手の好みをリサーチして、彼の気持ちによりそった行動をとるのがポイントです。

彼への思いやりを忘れずに上手にアピールしてくださいね。

(愛カツ編集部)