嫉妬は女性がするもので、男性は関係ないと思いがちですが、それってじつは間違いかも。

男性だって嫉妬はするし、かなりしつこく接する男性も一定数いるようです。

そんな男性と付き合ってしまうと、自由がなくなるどころか、束縛されて大変ですよね。

そこで今回は、嫉妬深い「束縛男」の見分け方をご紹介します。

身動き取れない!嫉妬深い「束縛男」の見分け方

人前でイチャイチャする

人前で恥じらいもなく、やたらとベタベタしてくる。

これは、ほかの男に取られないための、ひそかな企みです。

彼女とベタベタして、自分の存在を誇示し、あたかも自分のモノであるかのようにアピールしたいのでしょう。

ほかの誰もふたりの間に入れないように、バリアを張っているとも言えますね。

細かいルールを決められる

「一日に最低○回は連絡すること」「男がいる飲み会は禁止」など、彼からいろいろなルールを決められたら、とても窮屈に感じますよね。

まるで学校の校則みたいだし、自由がなくてイライラしませんか?

ふたりだけのルールを決めることで、ほかの男性と接触させない意図があるのでしょう。

彼女を束縛するために決めたこまかいルールは、自分に自信のないあらわれ。

彼女のことも信じていない、とも取れます。

芸能人にイライラする

一緒にドラマを見ていると、イケメン俳優が登場!

ついつい見入ってしまう彼女に、彼が舌打ちしたりイライラしたりしたりしたら……。

テレビのなかの人物に対してジェラシーを感じてしまう男性は意外と多いものですが、度を超すと問題。

彼と付き合う前からファンだった芸能人やアーティストのファンクラブを脱退させられたり、グッズを処分させられていたりしたら、かなりの重症です。

あくまでもファンであるということ、

言い換えるなら、ファンでしかないということを、いま一度しっかりと理解してもらいましょう。

位置情報を共有したがる

いつでも居場所を確認しておきたいと思う気持ちは分かりますが、居場所を追跡してきたり、アプリで共有させるようになったら、嫉妬深いどころか、「束縛男」確定です。

監視されているようでいい気はしないし、一日中GPSで場所をチェックしている男なんて、そのうち盗聴までするようになりそう。

それってもはや犯罪ですよね。

あなたのことを大切にしているというよりも、自分の不安を解消するために、あなたに負担を強いる行動です。

ぜひ、しっかりと話してみてください。

それでもやめてもらえない場合は、しかるべき選択をおすすめします。

過剰な嫉妬には注意して!

ちょっとした嫉妬なら恋愛のスパイスになって良いけれど、あまりにも過剰すぎる嫉妬は、うれしさを通り越してこわいだけ。

彼に嫉妬深い要素があったら、自由をうばわれないためにも早めに離れるか、彼を矯正するべき。

できるだけ深い仲になる前に、見極めておくことをオススメします。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)