気になる男性との恋愛を進めていたら、相手が既婚者だった……なんて経験はありませんか?

そこで関係をつづけてしまうのは、デメリットしかありません。

今回は、好きな人が既婚者だったときのための対処法を4つご紹介します。

好きな男性は既婚者だった…不倫を回避するための方法4つ

リスクを確認する

不倫などの危険な恋愛には、大きなリスクを伴います。

もしも肉体関係を持ってしまうと、相手の妻から多額な慰謝料を請求させるかもしれません。

また、相手の家族を崩壊させてしまう危険性もあります。

ほかにも仕事を失ったり、自分が結婚したときに相手の浮気や不倫を強く批難できなかったりするなど、さまざまなリスクが考えられるでしょう。

友達を増やす

交友関係が狭いと、特定の人間関係に執着したり、以前と同じような男性ばかりを求めてしまう傾向があります。

だからこそ、失恋の後ほど新しい友達を作ることが大切なのです。

友達が増えれば、孤独に感じることも減りますし、好きな人に固執することもなくなります。

いつまでも引きずってしまうことを回避できるでしょう。

3ヶ月後までに気持ちを切り替える

3ヶ月後には気持ちを切り替える

気になる男性が既婚者だったら、どのような進み具合であれ、彼との恋愛は終わりです。

その後は基本的に、彼を忘れることが一番でしょう。

失恋を経験した女性の多くは、3ヶ月で立ち直る兆しを見つけているようです。

辛い気持ちから「人としてきっと成長できた」といった前向きな気持ちになり始める期間がこれくらいなのだとか。

スケジュール帳を予定でいっぱいにしてこの3ヶ月をとりあえずは走り抜いてみてください。

そうすれば心の気持ちが楽になるはずです。

自分を好きになる

失恋、とくに不倫など人に相談できないような恋愛から抜け出すためには、いまよりも自分を好きになることも効果的です。

「自分が嫌い」という人は破滅的な恋愛に向かってしまいがちで、自分を傷つける恋愛に惹かれてしまう傾向があるようです。

自分を好きになる努力をしてみましょう。

たとえば、思いっきりおしゃれを楽しんでみたり、趣味にはまってみたり、夢に向かって走り出してみたり。

日常に満足感を得られるように意識することがおすすめです。

つらい恋愛の後は…

つらい恋愛を経験すると、すぐに立ち直れなかったり、新しい恋に向かえなかったりするでしょう。

今回ご紹介したように、そんな状態でもできる対処法はあります。

不倫以外でも、失恋を経験してしまったときは実践してみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)