「大好きな彼の一番になりたい」
「今だけじゃなくて、過去と比べても一番になりたい」

そう思ったことはありませんか?

一見難しそうですが、彼女に対して心からそう思っている男性も少なくないようです。

今回は、彼「史上最高の彼女」思わせ虜にする方法を紹介します。

「史上最高の彼女」って思われたくない?彼を虜にするコツを伝授!

彼のメンターとして支える

彼のメンターとなることでも、「史上最高の彼女」になる可能性がグッと上がるようです。

メンターとは、「アドバイスもするし、心の支えにもなる存在」のようなものを指します。

たとえば、ネットを利用した副業で集客数を上げたい、と彼が思っていたとしましょう。

そこで、あなたがすでにブログを書いていて、コツやモチベーションの保ち方を彼に語ることができる人物だった場合。

彼の身近なメンターになれる可能性があります。

「彼の心にはいつもあなたがいる」

そんな状態を作るべく、彼の道を切り開くお手伝いが何かできないか探してみましょう。

いつも笑顔にさせてくれる存在になる

「一緒にいていつも会話が楽しい!」そんな話し相手になるだけでも、意中の彼に「史上最高の彼女」と思わせることができるかもしれません。

たとえば、笑いのツボが同じ、思考回路が似ている、会話のペースが心地良い、などがあげられるでしょう。

実は、男と女で話していていつも会話が心から楽しい、と思えるシチュエーションはレアだと感じる人は多いようです。

そんな男女が多い中、会っていていつも話が面白い子は「史上最高」と思われやすいのかもしれません。

普段から彼の会話の波長をよく研究してみましょう。

彼のワガママな一面にも共感する

自分のワガママな面に共感してくれる彼女も、男性に「史上最高の彼女」と思われやすくなるようです。

たとえば、武勇伝を語りたい、オレ流を貫きたい、カッコ良く生きたい、尊敬する先輩に従いたい……。

客観的に見れば、「もっと公平で現実的な見方をしましょうよ」と言いたくなるようなワガママを持っている男性もいるようです。

最後に愛されるのは、他の女性が「ハァ?」と言う部分を見捨てず、彼の気持ちに寄り添える女性なのでしょう。

おおらかな気持ちで彼という男性を受け入れましょう。

彼に口説かれる存在になる

もし彼が、女性を口説き慣れていない人な場合、勇気を出して自分から一歩近づいた女性は自分の殻を破るきっかけになった女性ともいえるでしょう。

それだけで、彼の中での特別感が増すかもしれません。

また、自分から追いかけた女性は美化されやすく、簡単に手に入らない存在だと感じさせ、それだけでも価値が上がるようです。

あえて男性に口説かせるためには少しテクニックが必要かもしれません。

たとえば、「最近愛に飢えてるんだよね」というような「隙見せトーク」をし、誘い水を向けるようなことをしてみると良いでしょう。

彼の自慢の彼女を目指しちゃおう

「こんな子は今までいなかった」と思える「史上最高の彼女」

現在の彼の気持ちをひたすら前向きなものにさせ、一緒にいると「明るい将来」を思い描ける存在なのではないでしょうか。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)