好きな人とのデートは、楽しくていつまでも続いてほしい時間ですよね。

彼にも自分をもっと好きになってほしいと思う方は多いのではないでしょうか。

親密さを深めるためには、どんな会話をするのが効果的なのでしょうか。

今回は、デートで使える最高のモテフレーズをご紹介します。

思わず彼がメロメロになる!デートで使える最高のモテフレーズ

「本当にかっこいいね」

好きな人に対して「かっこいい」と素直にほめるのは、案外照れくさいところがありますよね。

しかし、女性が「かわいい」と言われて嬉しく感じるように、男性だって「かっこいい」もうれしくなる傾向があるのです。

そうやって自分をほめてくれる女性のことが好きになることもあります。

「今日の服いいね!かっこいい!」こんなほめ方でもいいですし、彼がエスコートしてくれたときに「〇〇くんって、やさしいね」とほめるのもオススメです。

あなたが配慮に気付いてくれたことにもよろこびを感じて、彼のテンションが上がるはずですよ。

「はやいなあ。もうこんな時間だね」

「もっと一緒にいたい」というフレーズは、受け取り方や関係性によってはこのフレーズが、重い印象になる可能性があります。

なので帰り際には「もうこんな時間なんだね」と、遠回しに言うことで、相手に負担をかけずに済むでしょう。

デートでは、一緒にいたい気持ちや、楽しくて時間があっという間だった気持ちを示すのが大事です。

さりげないけれど嬉しい言葉となり、きっと、次のデートの約束にもつながるはずですよ。

「だってデートだから!」

たとえば彼が「今日テンション高いね」とあなたの変化に気付いたときは、「だってデートだからね!」と返してみましょう。

わざと「デートだから」と言葉にすることで、それだけデートを楽しみにしていた気持ちが彼に伝わるはずです。

また、友達以上恋人未満の関係こそ、このフレーズは効果的なはず。

一緒に過ごす時間をデートだと明確にすることで、恋愛感情を匂わせることができるのです。

こちらが異性として意識していると見せれば、彼もあなたを異性として意識するはずですよ。

「すっごい楽しい!」

「今日は楽しかったよ」と、デート後にお礼の連絡をする方は多いと思います。

しかし、大切なのはその場で「楽しい!」と感情表現することです。

「楽しい」「嬉しい」をその場で言葉にできる女性は、意外と少ないのではないでしょうか。

もちろん笑顔で楽しい気持ちは伝わるものですが、男性は悟ることが苦手です。

どんなデートでも「楽しいね!」「美味しい!」「嬉しい!」と感激した気持ちを言葉にして伝えてみてください。

これだけでも、彼のテンションを高めることができますし、「いい子だな」と実感してもらえるはずですよ。

デート中に自分の気持ちを伝えて

デートできる関係は、恋人ではないとしても好意がある関係である可能性が高いです。

付き合っている、いないにかかわらず、デートで良い印象を残すことができれば、彼との関係を、より良い形にできるはず。

モテフレーズに共通するのは「素直さ」と「さりげなさ」。

さりげないけれど素直な言葉で、彼の心をキュンとさせるデートにしてみてくださいね。

(白藤やよ/ライター)

(愛カツ編集部)