カップルのマンネリ関係を解消させるために、彼を嫉妬させるのもひとつの手段です。

今回は、実際に彼の嫉妬心をあおいで関係を元に戻した女性たちに、方法と意見について聞いてみました。

自分でも実践できる方法があるかもしれませんよ。

愛され女性がやっていた!彼を嫉妬させる方法

ダイエットをして他の男性から注目された

「高校時代から10年以上付き合っていて、確かに私も25キロ太ってしまうなど気を抜きすぎてたんです。

彼に『ブタが転がってる』って言われてムカついてダイエットを始めました。髪型も変えて、ジムにも通って9ヶ月かけて20キロ体重を戻したんです。

そしたら彼の友達にも『お前の彼女最近かわいくなったよな』と言われる機会が増えたらしく、彼の見る目も変わりました」(28歳/保育士)

やはり、綺麗になるために努力している女性は、誰から見ても魅力的に映るものです。

ダイエットをする以外にも、ファッションやメイク、生活習慣などを見直して、彼を驚かせるのもいいでしょう。

自分からデートに誘うのをやめた

「面倒くさがりやの彼なので、デートの日にちを決めるのも旅行の予約をするのも全部私でした。

でも、それじゃダメだと思って自分から連絡するのをやめてみたんです。

そしたら彼から突然『他に好きな人ができたなら正直に言ってくれ』ってLINEが来て。

内心めちゃくちゃ焦ったみたいで、それから自分からマメに連絡が来るようになりました」(26歳/菓子メーカー勤務)

尽くしすぎたり、甘やかしすぎたりすると、男性は自分からデートすらも計画しなくなってしまうもの。

女性側もそれで「私って愛されてないのかも」と不安になって不機嫌になることが増え、関係がしっくり来なくなるのかもしれません。

自分から尽くすのを少し抑えてみると、彼も「他の男ができたのか?」と焦って追いかける効果がありますよ。

少し距離を置くだけでOK

人は、安定した状態がつづくと飽きてくるものです。

いつもドキドキしているのは体に悪いですが、時には刺激も必要でしょう。

彼を嫉妬させるには、彼から少し距離を置くだけでOKです。

それだけでも「もしかして他に男?」と焦って、彼を追わせる状況が作れるはず。

他の男性とデートするなど、やりすぎはNGです。

ちょっと心配してしまうくらいの方法が、自分にとっても良いのではないでしょうか。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)