「なんか彼が急に冷たくなった」
「さっきまで笑顔だったのに、なんか怒ってるみたい」

そう感じたこともあるかもしれませんね。

男性の「怒りのツボ」って、女性には理解できないときもあるようです。

理解できないといえど、避けるに越したことはないでしょう。

そこで、地雷を踏まないためにも、「彼に言ってはいけないセリフ」をご紹介しましょう。

待ってそれ地雷かも…。彼に言ってはいけないセリフとは?

元カレに関するセリフ

口には出さなくても、男性は彼女の元カレと張り合っているときもあるようです。

ふとした拍子に元カレの話が出れば今の自分と比較し、もし「負けている」と感じると劣等感に苛まれてしまうこともあるかもしれません。

「ここ、元カレと来たことある!」などが典型例でしょう。

元カレに関することはできるだけ出さないように意識し、もし聞かれても「今彼の方が優れていることにする」のも手かもしれません。

彼の男らしさを否定するセリフ

「男らしくありたい」と思っている男性は少なくないかもしれません。

そして、自分の「男らしくない部分」にコンプレックスを感じるときもあるようです。

身長や体型、または根っからの性格など。

これらは基本的に直せないか、直すのにかなり苦労するものと言って良いでしょう。

本人もそれが判っているからこそ、直に指摘されると「男らしくない」と言われているようで傷つくのかもしれません。

彼の給料に関するセリフ

職業や稼ぎは、男性にとっては重要なステータスと捉えている人もいるようです。

また、女性にモテるための要素という認識を持っている人もいることでしょう。

しかし現実は厳しいので、沢山稼ぐのは難しいですよね。

とくに、経済力の無い男性は、自分の仕事や稼ぎにとても敏感な可能性があります。

そして女性にそのことを指摘されると、傷をえぐられたような感覚に陥るかもしれません。

また稼ぎだけでなく、「ケチ」という使い方に関して否定されるワードも嫌がるようです。

思っていても使わないようにしておきましょう。

比較されて劣等感を抱いたらアウト!

話をまとめると、男性が敏感なポイントは「劣等感」だと言えるでしょう。

自分が以下に優れているかを確かめたい一方で、劣っていると感じると不機嫌になるのかもしれません。

地雷を踏まないためには、こういったポイントに注意してみると良いでしょう。

(水林ゆづる/ライター)

(愛カツ編集部)