男性に媚びをうったことはありますか?

誰でも一度くらいは、意中の彼に気に入られようと、ついついあざとい言動をしてしまった経験があるのではないでしょうか。

ではそれに対する男性の受け取り方はどうなのでしょうか。

どうやらいい反応ばかりではなさそうです。

そこで今回は、男性が「この子、媚びすぎじゃない?」と引いてしまった瞬間をご紹介します。

男性が「この子、媚びすぎじゃない?」と引いてしまった瞬間

友達のことを探ってくる

「友だちと複数で遊んでいるとき、僕に妙に話しかけてくる女性がいたんです。まだみんな知り合ったばかりだし、自分に気があるのかなって思って最初は嬉しかったんですけど、どうやら話していると僕の友達のことが気になってるみたいで。

それなのに『○○のことが知りたいんでしょ?』って言うと、『ううん、違うよ』って否定して。なんかそのまわりくどさが嫌でした」(23歳/学生)

好きになった人の友達から情報を引き出すのって、恋愛の駆け引きをするうえでも重要ですよね。

とはいえ、恥ずかしいからって相手を騙すような行為はNG。

せっかく味方になってくれるかもしれない人を、失いかねませんよ。

協力をあおりたいなら、素直に話してみるほうがいいでしょう。

「話しかけて欲しそうな態度」がウザい

「連休明けの出社日とか、残業しているときとかに差し入れしてくれる同僚とか後輩はたくさんいるんですけど、そのなかの1人で、差し入れのコーヒーを持ってきてくれて、僕が『ありがとう』ってお礼を言った後もその場から動かない子がいたんですよ。

話しかけてほしいのかなって感じたんですけど、ハッキリ言わないで『わかってよ!』みたいなオーラを出しているのがイラッとしましたね。なんかあるならハッキリ言ってくれって」(31歳/教育)

男性はとくに仕事中には、自分の仕事に集中したいことも多いよう。

そんなとき、「気づいて!」とか「私に話しかけて!」というのを雰囲気だけで伝えてくる女性がいると、イライラしてしまう人もいます。

わざとらしいモテ仕草を連発

「たぶん彼女は僕のことが好きだったんです。でもあまりにも典型的な女の子の可愛らしい仕草を目の前で連発されたらちょっと引いちゃいますよ。

あと、LINEで『どんな服が好き?』って聞いてきて、次の日会社にそのままの格好で来たときはちょっと恐怖さえ感じましたね。わかりやすすぎるのは逆効果だと思います」(26歳/アパレル)

好きな相手がいたら、女としてすべての武器を総動員して落としにかかるべき!かと思いましたが、やはり押したり引いたりの加減が大切なよう。

相手も自分に好意がある場合は嬉しく感じるのかもしれませんが、そうでない場合あからさますぎるアピールは逆効果になる場合も。

「モテる仕草」だからと言って、使いすぎは相手に違和感を与えるだけですよ。

やりすぎには注意して!

媚びるのって女性の特権かと思いきや、媚びる女性は嫌いという意見も多々あります。

逆に絶対に媚びたりなんかしないという女性は、それはそれで「お高く留まっている」とも思われかねないのでご注意を!

どちらにせよ、やりすぎにはご用心を。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)