何となく仲のいい男性はいるけど、デートをするわけでもなく、ただLINEするだけの仲……。

「脈ありっぽいのは勘違い?」なんて思っていませんか?

それ、男性にとっては「デートに誘うハードルが高い」のかもしれません。

男性が「つい、デートに誘いたくなる」LINEを紹介します。

デート誘っちゃおうかな…。思わずデートに誘いたくなるLINEとは?

行きたい場所をハッキリ伝える

「女の子が何をしたいのかって、はっきり言ってよくわからなくて……。
僕が微妙な提案してつまらなくなるより、相手の好きなところに行きたいかな」(28歳男性/コンサル)

デートに誘えないのは、相手がどこに行きたいかイマイチよくわからないから、という男性も少なくないようです。

女性は「LINEだけでデートに誘ってくれないなんて脈ナシに違いない」と思いがちですが、自信満々な男性ばかりではないでしょう。

「ここに行けたら楽しい」というヒントを出すことで「行けば喜ぶなら誘ってみよう」と、男性が思う可能性は高いのです。

「その話もっと聞かせて」と、話に興味を持ってくれる

「僕は、マーケティングの話が好きなんですけど、デート向けの話じゃないですよね……。
自分の考えに影響していることだから、女性と話してみたいと思うけどすごく不評なんです(笑)
でも、LINEしてたら『その話、ゆっくり詳しく聞きたい』って反応してくれた子がいて。
そんなの、会って話したいに決まってますよね」(26歳男性/編集)

マウンティングではなく「自分の考え方を理解してほしい」という男性もいるようです。

そこに食いつく女性には「もっと話したい!」と感じ、「ちまちまLINEしてないで会おうよ」となるのでしょう。

話すときは、難しいことや専門用語に食いつかずに「どういうところが好きなの?」など、彼の感想を掘り下げていくと、彼と仲良くなるツボがわかるかもしれません。

好きなものの画像を送る

「気になる子とLINEはできても、ご飯に誘うきっかけがなくて……。
『送るネタがないな』と思ってたら、ラーメンの画像が送られてきたんです(笑)
なんだか笑えてきちゃって『そんなにラーメンが好きなら、こんど一緒食べようよ』って誘うことができました」(29歳男性/IT)

「LINEしたいけど、送るネタがない」

男性も悩むことがあるようです。

女性が待ちの姿勢に入ると、そのまま疎遠になるので話のきっかけを女性から提供するのもアリかもしれません。

ただ食べたものの写真を送るだけでは「よかったね」で終わりがちなので、「つい反応したくなる」送り方を工夫してみるのが効果的でしょう。

実は脈ありかもしれない!

「なんか小難しい話してくるから脈ナシ」「デートに誘われないから脈ナシ」と切り捨てるのは、もったいないかもしれません。

「何となく仲がいい」レベルの男性には、女性から誘うスキを見せてみることで、急に恋愛に発展することもあるでしょう。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)