好きな人がガツガツの肉食系なのか、受け身の草食系なのかで、恋の進め方は変わってくるかもしれません。

相手の出方を見て、こちらもスタンスを決められたら良いと思いませんか?

そこで、12星座別に【アプローチ積極度】をランキング!

彼のタイプに合わせて、恋を進展させていきましょう。

TOP5を紹介します。

彼の12星座で占う!彼はガツガツ派?待つ派?

5位:しし座(7月23日~8月22日生まれ)

【ガツガツ派】

しし座の男性は、ガツガツ系のようです。

欲しいものは自力で手に入れたいと思うところもあり、何事も自分本位に進めたいと考えているかもしれません。

向こうがその気になるまで待つ、ということはしないでしょう。

ただ本気度が高く、相手が『高嶺の花』タイプであれば、急にモジモジし出すこともあるかも。

負ける試合はできるだけしたくないのでしょう。

4位:ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

【あえて待つ派】

ふたご座の男性は、自分からアプローチできるんですが、あえて待つこともあるみたい。

社交的でそもそも人付き合いの力を秘めている、ふたご座。

好きな人ができたら、自分からアプローチしてデートに誘うことは朝飯前なのかもしれません。

でも、それとなく好意を示して女性が誘ってくれるのを待つ、という器用なこともできるでしょう。

巧みな会話術とつかず離れずの距離を上手に取れるところが、相手にアプローチさせるのを可能にするようです。

3位:てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

【ガツガツ派】

てんびん座の男性は、自分からアプローチすることを楽しむところもあるようです。

プレイボーイの素質が高いてんびん座の男性は、女性を誘って二人きりになり、段々と距離を縮めていく……というやり取りが大好きなのかもしれません。

駆け引きとして相手の出方を待つことはあっても、基本的には攻めのスタンスを取るでしょう。

特に、本命視した女性には素早くアプローチするかも。

じれったい駆け引きを好んで続けるのは、遊びの相手と見なしている可能性もあるでしょう。

2位:いて座(11月22日~12月21日生まれ)

【ガツガツ派】

いて座の男性は、さっぱりと軽快にアプローチすることもあるようです。

「好き」「もっとアナタのことが知りたい」と思えば、すぐに行動を起こす力を持つ、いて座の男性。

でも、誘い方はかなりフランクだったり、いきなり告白するなど唐突だったりして、「本気なの?」と思っちゃう女性も多いかもしれません。

ただ、そんな軽さが魅力の一つ。重くないさっぱりとしたアプローチに、好感を抱く女性は少なくありません。

1位:牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

【ガツガツ派】

おひつじ座の男性は、ガツガツ自分からアプローチするところもあるようです。

そもそも男っぽい性格をしている部分もあるので、受け身で待つということをじれったく感じるかもしれません。

好きな人ができたら、自分から話し掛けたり、食事に誘ったりしてグイグイ距離を縮めようとするでしょう。

ただ、相手にその気がないとわかれば、結構アッサリ諦めるところもあるみたい。

脈なしの恋を追いかけたり、待ったりするような執着心はないでしょう。

彼からのアプローチを待ってみるのも良いかも?

恋の進め方は、人それぞれのようですね。

彼のタイプを知って、場合によっては彼からのアプローチを待っても良いかもしれませんね。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)