会って間もない頃って、お互いのことをよく知るために、いろいろな質問をすることもあるでしょう。

でもそんな質問の中には、男性がドン引きしてしまうものがあるのだとか。

そこで今回は、初デートでは避けたほうがいい「NG質問」を4つご紹介します。

それは禁句でしょ…初デートでは避けたほうがいい「NG質問」4つ

「今度いつ会えるの?」

初デートのときに、次のデートをにおわせておくのは大事なこと。

男性も「また俺とデートしたいと思ってくれているんだ」と感じるので、素直にうれしいでしょうし、次のデートに誘いやすくもなるでしょう。

ただ「今度いつ会えるの?」という聞き方は、少し男性を焦らせてしまうよう。

ガツガツしているという印象を与えかねないので、まずは初デートが楽しかったことを彼に伝えましょう。

それから、「今度は○○とかも行ってみたいな」など自然に伝えられるとベストですね。

「お給料ってどのくらいなの?」

初デートでにもかかわらず、いきなり給料について聞かれたりしたら、ほとんどの男性はドン引きします。

「お金目当てなのかな?」とか「男をお金でしか判断しないんだな」なんて思われてしまう可能性も高いでしょう。

女性側にそんな思惑がなくても、男性からそう思われるなんてこともあります。

「給料」や「貯金」の話題に触れるだけでも嫌悪感を抱く男性もいるようですから、お金の話は慎重にしたいものですね。

「将来、子どもは何人くらいほしい?」

「将来、子どもは何人くらいほしい?」

初めてのデートから「結婚後」の話をされると、男性からするとあまりにも重いと感じることもあるようです。

まだ付き合うかどうかもわからないのに、そんな先の話などする気になれないでしょうし、なんだか追い詰められているかのような気持ちにもなるかも。

なので「将来、子どもは何人くらいほしい?」とか「どんな結婚式をしたい?」なんて質問は、初デートではNG。

好きすぎて彼への気持ちが盛り上がりすぎると、2人の将来についての希望が膨らんだりもするでしょう。

でも、ひとまず自分の心の中にとどめておくのが安全かもしれませんね。

「それ(彼の趣味)、おもしろいの?」

出会ったばかりの人に、自分の趣味を否定されたら嫌な気持ちになりませんか?

それは男性も同じ。

たとえば、ゲームが趣味の男性に「ゲームって何がおもしろいの?」なんて聞き方をしてしまうと、イラっとされることがあります。

きっと自分の趣味を否定されたような気持ちになるのでしょう。

会話を広げるきっかけにしたいなら、「どういうゲームが好きなの?」とか「私でも楽しめるゲームもある?」みたいな聞き方がベスト。

聞き方で、相手に与える印象をガラリと変わることもあるので、注意してみてくださいね。

初デートは緊張して当然!

初デートのときって、お互いに緊張してしまって会話も思うように弾まなかったりするもの。

だからといって、無理に盛り上げようとすると、つい男性が引いてしまうような言葉が出てしまうこともあります。

今回ご紹介したことを参考に、NG質問を避けて、彼とのデートをもっと楽しんでくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)