恋愛中に「私って本当に愛されてるのかな?」と不安に感じることはあると思いますが、それって女性だけじゃないんです。

では、彼女に不安を感じるのはどんなときなのでしょうか?

そこで今回は、不安になる瞬間を男性に聞いてみました。

俺のこと好きじゃないの?男性が彼女に対して「不安になる瞬間」

彼女の仕事が忙しいとき

「激務すぎる彼女。LINEの途中で寝落ちしてしまうことも多いし、疲れ果てているのも心配。少ししか会えないし……。

自分と別れたほうがゆっくり寝られるのではないかと考えてしまう」(27歳男性/エンジニア)

仕事に限らず何かに忙しすぎる、余裕がない彼女と付き合っていると「俺の存在って必要なのかな」と思ってしまう男性もいるようです。

優しい人であればあるほど「自分がいないほうが彼女はゆっくりできるのかも」と考えてしまうのかもしれません。

忙しいと言葉で伝えることを忘れてしまうこともありますが、本当はそうではなくて、彼の存在があるから頑張れるんだということをマメに伝えることも大事ですね。

友達を優先されたとき

「約束していたのに『地元の友達が上京してくるから』『友達に真剣な相談があるって言われたから』などと急にドタキャンされることもあって、自分の存在ってどうでもいいのかと思ってしまうことがある」(22歳男性/大学生)

男性でも女性でも友情に厚い人に多いのですが、「パートナーとはいつでも会えるから、たまにしか会えない子との約束を優先しよう」と考える人もいます。

全く悪気もないし、彼のことはいつもそばにいる存在だと思っているからこそ友達付き合いを優先してしまうのですが、後回しにされるほうは良くは思いませんよね。

彼女が社交的

「同棲している彼女がしょっちゅう『ご飯食べて帰るから』とか他の人と遊びに行っちゃうのが不満です。自分は彼女と一緒に食べたいのに」(23歳男性/営業)

「土日もいろんな誘いが多い彼女を自分のために断らせるのも悪いし、インドア派の自分といて彼女は楽しいのかな?とたまに不安になります」(28歳男性/教師)

他人の話として聞いたら「他の人との予定が多くても、付き合ってるってことは好きだからでしょ。不安に思うことないのに」というアドバイスをしそうな内容です。

ただ、本人の立場だと「自分と一緒にいて満足してくれてるのかな」という不安を持つのも分からなくはありませんね。

彼の口から「俺といて楽しい?」などの言葉が出てくるようなら黄信号かもしれません。

安心させてあげて

恋愛中に不安になってしまうのは女性だけの特権ではありません。

男性だって、とくに放っておかれるとその傾向が強いようです。

日頃から気持ちを伝える努力を忘れないようにしたいものですね。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)