彼はもしかしたら、すでにもうあなたに本気かもしれません。

となると、そのときのために備えておきたくなりませんか?

そこで、前編に続き、「本命だからこそ」誘うデートを占いいます。

【後編】彼の12星座別・「本命だからこそ」誘うデートとは?

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

【彼の好きなものが詰まったデート】

スマートに女性に対して気をつかう力を秘める、てんびん座の男性。

ややビジネスライクに、デートはソツなく無難な感じでセッティングしてくれるかもしれません。

でも、本気度の高い女性には、デート内容にワガママを言ってくるかも。

素の自分で対応しよう、と思うのでしょう。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)ト

【スキンシップを取るデート】

なかなか心の扉を開かないところもある、さそり座の男性。

本命彼女になるかも……と心を開き始めると、デートの場所は関係なく、女性に対してのボディタッチが多くなるかもしれません。

と言っても、車道側から引き寄せたりなどの紳士的なタッチだけど、増える可能性があります。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

【ガツガツくるデート】

狙った獲物は逃さない、というテンションでアタックしまくるところもある、いて座の男性。

本命にしたい彼女とのデート中には、いろいろな攻撃をしてくることでしょう。

壁ドンやら、あごクイやら、わざとらしいレディファースト、最後は「帰したくない……」なんて言葉もある可能性も!

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

【こちらのことを気づかいまくるデート】

面倒事が嫌いで慎重なところもある、やぎ座の男性は。

デートをすると決心した時点で、本命彼女の最有力候補にしていることも多いかもしれません。

彼女がどう思っているか心配で、彼女の反応をうかがいまくるでしょう。

ぎごちないデートになりがちだけど、それが本気度の表れの可能性が高いです。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

【彼がたくさん語ってくるデート】

論理的なところがある、みずがめ座。

自分が信じたニッチな事柄を大切にするところもありますが、人と共有したいとは思わないでしょう。

でも、本命女性には説明したくなるのかも。

彼の演説がデート中に頻発したら、本命への道と見ても良いかもしれません。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

【一線を越えようとしてくるデート】

本気になってしまうと、気持ちを止めていられないところもある、うお座の男性。

早くふたりで融け合って、身も心もひとつになりたくてたまらない……、なんて思うこともあるようです。

当然のごとくベッドの上に行きがちとなるかもしれません。

場所は問わないくらいの勢いの可能性もあるでしょう。

彼のアプローチに備えておいても良いかも?

どの星座も、「多少の犠牲を払っても、本当に好きな女性には自分のできる最大限のことをしてあげたい……」と思うこともあるようです。

嬉しいデートもあれば、もしかしてちょっと迷惑なデートもあるかもしれません。

どちらにせよ、彼の気持ちを真剣に受け止めて、誠意ある態度を示しても良いかもしれませんね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)