いままで「先輩」と「後輩」だった2人が、ある日とつぜん恋愛に発展する……。

こんなマンガの世界のような話が、現実にもあるようです。

でも2人の関係を発展させる瞬間って、どんなものなのでしょうか?

そこで今回は、男性が後輩を「異性として意識した」瞬間を3つご紹介します。

不意打ちのキュン…男性が後輩を「異性として意識した」瞬間3つ

1. 呼びかたが変わったとき

「職場の後輩から、僕はいつも『○○先輩』って呼ばれてます。でも仕事終わりにその子と飲みに行ったとき、とつぜん下の名前で『○○さん』って呼ばれて、ドキッとしました。
翌日から、会社で彼女を目で追ってしまうようになりました」(29歳男性/IT)

思い切った行動にも思えますが、ある程度の関係ができてるからこそ、これくらいパンチのある行動が効くのかもしれません。

すでに「○○さん」と呼んでいる場合は、プライベートな時間に「○○くん」と呼んでみるのもあり。

彼の反応を見ながら、試してみてみましょう。

2. 「先輩のおかげ」とお礼を言われたとき

「僕が教育担当をしている後輩が、大きなプロジェクトを任されたんです。見事そのプロジェクトが成功したとき、その後輩が『先輩のおかげです!』って。
自分のことを頼りにしてくれてたんだと実感できて、なんかキュンとしました」(30歳男性/企画)

女性から頼りにされるとうれしい、という男性は少なくありません。

とくに身近な後輩女性から頼られた男性は、力になろうと意気込んでくれるはず。

お礼の気持ちを伝えるシーンってたくさんあると思いますから、取り入れやすい方法といえるでしょう。

3. 手づくりのプレゼントをもらったとき

3. 手づくりのプレゼントをもらったとき

「僕、昔バスケ部でキャプテンをしてたんですよ。そのとき大事な試合前に、後輩から手作りのお守りをもらったことがあって。
その日から、僕のなかでその子が気になる存在になったんですよね。あのやり方は、反則だなと思いました」(27歳男性/美容師)

手づくりのプレゼントをもらったとき、胸キュンする男性もいるようです。

先輩に内緒で準備して、サプライズで渡してみましょう。

驚きつつも、愛情たっぷりの後輩のプレゼントに心が動く男性もいるかもしれませんよ。

先輩をキュンとさせよう!

憧れの先輩って、手の届かない存在だと思う人も多いでしょう。

しかし後輩だからこそできるアプローチもあるようです。

叶わない恋とあきらめる前に、できることから試してみてくださいね。

(愛カツ編集部)