もしかしたら、自分に好意を持ってくれている気がするけど、どっち……?とヤキモキしてしまうことはありませんか?

でも、はっきりしない態度だからって諦める必要はないでしょう。

気になる彼は、じつは奥手な男性かも知れません。

今回は、12星座別に、「奥手な男性」ランキングTOP5を占いました。

12星座で占う!「奥手な男性」ランキングTOP5

5位 おとめ座(8/23~9/22)

【アプローチは苦手】

物静かなおとめ座は奥手なタイプ。

また、繊細なところもあり自分からのアプローチは苦手でしょう。

ただ観察力があるので、ちょっとした変化に気が付いて「髪型似合ってるね」と褒めたり、「ここはこうするといいよ」と会話を広げようとしたりするのがサインです。

4位 うお座(2/19~3/20)

【好きな相手には奥手】

うお座の男性は気さくで話し上手ですが、好きな相手には奥手なところがあります。

女性的なところもあり、つい相手からのアプローチを待ってしまいがち。

ただ、甘えたがり屋なので「これやってくれる?」「手伝ってほしいんだけど」と頼るような行動サインをしてくるでしょう。

3位 さそり座(10/24~11/21)

【相手に気が引ける】

恋愛にじっくり向き合う傾向があるさそり座。

愛があふれがちなので、好きになったら気持ちをぶつけたいのですが、嫌われていたら……と考えるとつい気が引けてしまうのです。

好きな女性が話したことを覚えていて、「前に気になると言ってたよね」とプレゼントをしたりするのがサイン。

2位 かに座(6/22~7/22)

【愛情豊かだけど奥手】

かに座は水の星座で愛情豊かですが、同時にテリトリー意識が強いところがあり、好きになった女性をパーソナルスペースに入れるのに時間をかけます。

とくに用もないのに話しかけたり、近くにいたりするのは、その女性を自分エリアに入れたという「好き」のサインなのです。

1位 おうし座(4/20~5/20)

【慎重で奥手】

おうし座の男性は、恋愛には慎重で奥手なところがあります。

感覚を大切にするので「好きな物」や「趣味」を聞いて、「似ているね」「同じ好みだね」と自分と同じ感覚をアピールするのがサインです。

また「これ美味しいよ」とオススメのおやつを渡すのも、精一杯のサイン。

彼は奥手な星座だった?

気になる男性は、奥手な男性の星座だったでしょうか?

奥手であっても、好きな女性に対して「好意があるよ」と伝えたくなるのが男というもの。

サインを送っていると気づいたら、さりげなく距離を近づける行動をしてみてくださいね。

上手に相手に合わせて、恋愛へと進みましょう。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)