いままで年上男性にしか興味なかったという男性も、年下男性もアリかも!と思う瞬間があるでしょう。

でもはたして、どんな女性が年下男性の心をつかむのでしょうか?

そこで今回は、年下男性が思わずキュンとする「年下キラー」の女性をご紹介します。

年下男性が思わずキュン…「年下キラー」の女性とは?

年下扱いをしない

年下男性に対して、「○○くんは、まだ若いから」とか「あと○年すればわかるから」と、先輩風をふかせてしまうなんてことありませんか?

このような発言は、ただの先輩後輩の関係なら問題ありませんが、彼と恋人になりたい場合は、年下扱いしないのがポイント。

対等な関係を築けるよう意識するといいでしょう。

サポート上手

年下男性を前にすると「私がリードしてあげなきゃ」と思うかもしれません。

もちろんそんな姿勢は、会社では頼もしくて素敵かもしれませんが、プライベートまでリードするのは考えもの。

年下男性からすると、より年齢差を感じて、近寄りがたい印象を受けることがあります。

それに年下とはいえ、プライベートでは女性をリードしたいと考える男性もいるかもしれません。

ただ、ときには彼のリードが空回ってしまうことも。

そんなときは、彼に主導権を預けたまま、サポートする必要があります。

彼が女性をリードしやすいように手助けできるような女性は、モテ確定といえるでしょう。

結婚を意識しすぎない

結婚を意識しすぎない

「早く結婚しなきゃ!」「今年中にいい人見つけて年内には……」と結婚に焦っていると、どうしても余裕なく見えてしまうよう。

もちろん、「結婚を考えてくれる人以外興味はない!!」という結婚に強い情熱を注いでいるならば、それを貫いても構いません。

ただ、知り合ってすぐの男性に結婚の話をすると、重いと受け取られることも。

内心では結婚に焦っていても、表には出さないほうが賢明かもしれませんね。

年上女性の魅力って、年上ならではの「心の余裕」だったりしますから。

彼と対等でいること

ほかにも、上品さや色っぽさ、年齢を感じさせない外見や内面、というところも年下男性をキュンとさせるポイント。

ただ、年上だからと気張りすぎることなく、彼といつもフラットな関係でいることも心がけてみましょう。

そうすれば、いままで意識していなかった男性も、年上女性の魅力にグラッと来ることがあるかもしれません。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)