彼氏ができて幸せだけど、つい元カレと比べてしまう……なんてこと、ありますよね。

今の彼と元カレは別人だとわかっていても、ふと思い出して比較しちゃうことも。

そこで今回は、彼氏と元カレをついつい比べてしまうポイントをご紹介します。

彼氏と元カレをついつい比べてしまうポイント3選

デートに対する考え方

「つい比べちゃうのがデートへの意欲。元カレは常に外に出かけるアウトドア派だったのに比べて、今の彼氏は超インドア派で……。

彼とのデートはもっぱら家でゲームしたり、漫画読んだり。そろそろ飽きちゃってます。たまには外でデートしたいな……」(27歳/医療事務)

インドア派かアウトドア派かによって、デートの仕方は大きく異なりますよね。

今の彼氏と自分のタイプが逆の場合、自分の方からおすすめのプランを提案してみては?

たとえば彼がインドア派でも、自分ではなかなか外に出ないからこそ彼女が連れ出してくれたら嬉しい、と思っている場合もあるはず。

「近所に美味しいカフェがあるから行ってみようよ!」「公園でのんびり漫画読んでみるのも良くない?」など。

彼が無理なく楽しめそうなデートから始めてみるのもおすすめですよ!

デートの支払い

「元カレは年上で高収入だったので、デートや食事は常におごってもらってたんです。でも今彼は同じ会社の後輩で、デートや食事代は全て割り勘……。

つい元カレとのお金の使い方を比較しちゃう私がいます」(25歳/飲料品メーカー)

つい比較してしまうのが、お金の問題。

女性としては太っ腹な男性に惹かれちゃうところもありますよね。

でも割り勘の場合、彼との付き合いが平等であると思えばどうでしょう?

お互いがフェアな関係でいられるからこそ、居心地の良さを見い出だせる場合もありますよ。

将来を考える相手ならなおさらかも。

友達との遊びへの口出し

「元カレは友達が多い人で、男女関係なく付き合うタイプの人でした。だから私も、男友達と飲みに行ったりしてもなにも言われてなくて楽だったんです。

でも今カレは逆!友達も数人で、女友達なんてゼロ。だから私の交友関係にも厳しくて、男友達との飲み会なんて完全にアウト!こういうところで元カレとつい比べて、昔は楽だったのになって感じちゃいますね」(28歳/営業)

彼女が男友達と付き合うことをどう思うかは、彼のタイプによって考え方が全然違うものですよね。

彼女側としては、交友関係に口出しされると、窮屈に感じてしまうことも……。

でも、男友達との付き合いを良く思わない彼の深層心理には、彼女のことを大切に思い心配する愛情が隠れていることを忘れてはいけません。

元彼とつい比べて、心が狭い男と思ってしまうこともあるかもしれません。

でも、それだけ自分を好きでいてくれている証拠だと捉えて、ある程度受け入れてあげることも必要なのかも。

全部が完璧な彼氏などいない

元彼と今彼をさまざまなシーンでふと比較してしまうことはよくあること。

しかし、過去のことだからこそ美化されてしまう場合もあります。

それに、完璧な彼はなかなかいるものではありません。

比較しそうになったら、今の彼の魅力や好きなところについて、あらためて考えてみるといいかもしれませんね。

(愛カツ編集部)