デート中は楽しかったのに、その後の彼はそっけなかったり、次の約束につなげられなかったり。

その原因は、デート後のLINEにあるかもしれません。

デート後のほっこりした気持ちに水をさし、男性のテンションをサゲるNGなLINEとは、いったいなんでしょうか?

楽しくなかったの?男性がショックを受けたデート後のLINE

突然のダメ出し

「デート中はニコニコしてたのに、家に帰ってから『今日はありがとう。楽しかった。でも、歩きすぎて足が痛かったな』なんてLINEが来ると
『楽しくないじゃん!』と思います。

嫌なのにガマンしてたってことでしょ?こんな後出しは気まずいよ」(25歳/男性)

その場で言わなかったことを、後から指摘するのはNGです。

たとえ悪気はなかったとしても、男性は不快に思うでしょう。

また、「あとから不満を言うなんて、楽しかったってこと自体ウソ?」とネガティブに受け取りますよ。

そもそもなにも送らない

「バイバイしたあとに、LINEがこないと『あれ?』って思いますね。楽しくなかったのかなとか。

翌日までにこない場合は、脈なしなんだな、と思っちゃうかも」(23歳/男性)

男性は、デート後の女性の反応を見て、脈ありかどうかを判断しているようです。

もしも次のデートにつなげたいのなら、デート後のLINEくらいは送りましょう。

メッセージが多すぎてしつこい

メッセージが多すぎてしつこい

「デートが終わって電車に乗った直後から、ずーっとLINEをしたがる子はキツいです。

こっちも楽しかったとしても、それはそれ。

デートが終わったら気を抜きたいし、デート中は放置してた友達の連絡にも返事したい。

引き際がさっぱりしてない子って、しつこく感じる」(28歳・男性)

デート後もやり取りをつづけたいと思う女性は多いかもしれませんが、必ずしも彼は同じ気持ちではないかもしれません。

男性は、好意の有無とは別に、デート中にきていた連絡を返したり、明日の仕事のことが気になったりと、自分の世界に戻っていることも多いです。

彼も楽しそうにLINEしてくれるならいいですが、素っ気ない返事のときは、すぐに切り上げた方がいいでしょう。

なぜか謝罪される

「デート中にごちそうしたことを『今日はおごってもらってすみません』なんてLINEで謝られると『え?』と思いますね。

嬉しくなかったのかな……と感じます」(30歳/男性)

そこは「ありがとう」だよね!というのがこのケース。

申し訳ない気持ちがあるのは分かりますが、男性がしてくれたことに謝るのは控えましょう。

礼儀正しいと思いきや、素直に喜んでもらえないことで男性はがっかりしてしまうことも。よそよそしさも感じさせてしまいます。

デート中に縮んだと思えた距離も、また開いてしまいますよ。

LINEの印象が恋の進展を決める

たかがLINEで……などと甘く見てはいけません。

そのふるまいひとつで、恋が進展したり、片思いで終わってしまったりするかも。

別れたあとに好感度の高いLINEを送るまでが、デートと考えてもいいでしょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)