あなたが彼に甘えたときに、「かわいい」とキュンキュンしてくれたら、最高に幸せだと思いませんか?

甘えるのが苦手な方な人もいるかもしれませんが、彼が思わずにやけてしまう甘え方を知れば、最高に幸せな瞬間を体感できるはず。

そこで今回は、男性が思わずキュンとする甘え方をご紹介します!

かわいすぎる!男性が思わずキュンとする甘え方♡

立ち上がるとき両手を出す

小さな頃、立ち上がるときに、両手を出して立ち上がらせてもらった経験はありませんか?

抱っこをねだるようなこの仕草は、甘えん坊なかわいさを演出します。

ベッドから起き上がるとき、出かけるときなど、彼に両手を出して立ち上がらせてもらいましょう。

ふざけたように振る舞うことで、コミュニケーションにもなります。

ただし、この仕草は子どもっぽく見えてしまう欠点も……。

公衆の場では控えて、2人だけの時間で実践してみましょう。

後ろからハグ

女性からのバックハグに、意外性や驚きを感じ、キュンとする男性は多いもの。

ここでさらにおすすめなのが、おんぶしてもらうような感じで、彼の肩からおぶさるようなバックハグ。

なにかおねだりしたいときに、彼が座っているときを狙って背後にまわり「ねぇー、お願い!〇〇に連れて行って!」と甘えてみてください。

きっと「しょうがないなぁ」といいながらも笑顔でOKしてくれるはず。

ただし、無茶なおねだりは禁物です。

腕を組んでくる

手をつながれるよりも、腕を組まれる仕草にドキッとする男性も多いようです。

手をつなぐより、体の距離が近くなるという要素もあるかもしれません。

さらに、不意打ちの腕組みなら、思わず「かわいい」と感じるとのこと。

たとえば、デート中、彼を待たせてしまったときや、はぐれてしまったときなど。

「見つけたっ!」「待たせてごめん」と彼の背後から駆け寄って、後ろから腕を組んでみるとかわいいかも。

素直な感情表現

ヒステリックな態度は避けるべきですが、感情表現が豊かな女性は、男性に愛されやすいもの。

クールな女性を好む男性もいますが、やっぱり素直でなにを考えているのかわかりやすい女性のほうが好かれる傾向にあります。

だからこそ「嬉しい!」「楽しい!」といった感動を、少し大袈裟にするだけでも、男性は可愛さや嬉しさを感じやすいでしょう。

悲しいときや彼に腹が立ったときも「え~、残念過ぎる!」「いま私、怒ってるからね!」と素直に表現したほうが、彼もあなたを不機嫌にさせてしまった理由を察しやすく、なんとかして、穴埋めしようという気持ちになります。

喜怒哀楽をその場で素直に示すことで、ストレスを溜めることを回避できますし、より、甘えやすい関係を築ことができますよ。

甘え上手は恋愛上手

甘え上手な女性は、男性にかわいがられるだけではなく、願いを叶えてもらいやすくなり、得することがいっぱい。

甘えることに苦手意識を持つ方も多いと思いますが、今回紹介した方法を、ぜひ一度試してみてください。

きっと、お互いの気持ちを高めるスパイスとなるはずです。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)