尽くすことが幸せな人もいれば、尽くされることが幸せな人もいることでしょう。

では、彼はどちらなのでしょうか?

どちらなのかによって、彼へのアプローチも変わるし、彼氏になったとしても付き合い方が変わるかもしれません。

男性の12星座別に、彼が尽くす派なのか尽くされたい派なのかを占います。

【前編】彼の12星座別・彼は「尽くす派?尽くされたい派?」

おひつじ座(3/21~4/19)

【尽くす派】

全力で好きな女性に尽くしたいという気質を秘める、おひつじ座の男性。

でもそれは空回りしているだけで、実は逆にお世話されていることが多いようです。

彼はすごく尽くしてるつもりなので、「いつも尽くしてくれてありがとう」と言ってあげましょう。

おうし座(4/20~5/20)

【尽くす派】

女子にはいい思いをさせてあげたいと思う部分もある、おうし座の男性。

ごちそうしたりプレゼントをしたり、時にはびっくりするほど強引に尽くすこともあるかも。

自分が気に入っているモノを女性に与え喜ばせることが、彼の自己満足となることでしょう。

ふたご座(5/21~6/21)

【尽くされたい派】

ふたご座の男性は、モテる方だと自負しているところもあるかも。

楽しい恋愛をさせてあげて尽くしているようですが、最終的には尽くしてほしいのが本音のようです。

ふたご座の裏面である孤独を癒してほしいのでしょう。

かに座(6/22~7/22)

【尽くす派】

自分でできることは女性に全部やってあげたいと、根が優しいかに座の男性は思っているかも。

優しく尽くして、相手が幸せになることが彼の幸せになるのでしょう。

見返りを求めているわけではなく、変に遠慮される方がガッカリしてしまうかも。

しし座(7/23~8/22)

【尽くされたい派】

オレ様な性格ゆえに、尽くされていい気分になりたいところもある、しし座。

「尽くされているオレ」をたくさんのギャラリーに見せたいのかもしれません。

「今日ご飯作りに行ってあげるね」とこれ見よがしに言うなどして尽くしてあげると、非常に喜ぶでしょう。

おとめ座(8/23~9/22)

【尽くされたい派】

ちょっと保守的なところに憧れを秘めている、おとめ座の男性。

女性に尽くされると、自分がスゴイ男になったような感じがして嬉しいようです。

順番を譲られるなど、小さなことでも尽くされると自信になるのでしょう。

とはいえ、尽くすのも別に苦ではないのかも。

彼へのアプローチ方法を考えてみましょう

あなたが大事だから尽くしてくれる彼、尽くしたくなっちゃうほど愛おしい彼……。

どちらの彼も、あなたにとっては特別でステキな存在なのでしょう。

お互い、尽くし尽くされ合うような恋人同士を目指していけたら良いですね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)

●てんびん座~うお座の彼は「尽くす派?尽くされたい派?」