好きな人のためなら、尽くすことも尽くされることも幸せかもしれません。

とはいえ、彼はどちらかと言えば、どちらを求めているのでしょうか?

前編に続いて、彼が「尽くす派」なのか「尽くされたい派」なのかを占います。

【後編】彼の12星座別・彼は「尽くす派?尽くされたい派?」

てんびん座(9/23~10/23)

【尽くされたい派】

てんびん座の男性は、無駄な言い争いなどのない、円滑な付き合いをする傾向があるようです。

そのために「女性に尽くす」ことが必要不可欠だと認識していますが、本当は尽くされたいのでしょう。

尊敬の念を持ってもらえるのが、一番うれしく感じるかも。

さそり座(10/24~11/21)

【尽くす派】

さそり座といえば、一途な愛情を秘めているようです。

その愛を、好きな女性に「尽くす」という形でぶつけるでしょう。

会いたいと言われれば飛んでいくし、これが欲しいと言われれば買ってあげたいのかもしれません。

彼女への愛情がある限り、尽くし続けるでしょう。

いて座(11/22~12/21)

【尽くされたい派】

恋を成就させるまでは尽くしてみたりもするところがある、いて座の男性。

「落とす」という目的がないならば、女性からは尽くされたいと思うことでしょう。

しかし、尽くされたいのは衣食住に関する最低限のことで、他の部分は放っておいてほしいのかも。

やぎ座(12/22~1/19)

【尽くす派】

やぎ座の男性は、キマジメなところもあるようです。

相手の至らないところを補って、ちゃんとしてあげたいと思うのかも。

特に、仕事に関してはそうなりがちなのでしょう。

ミスしそうな部分を先回りしてやってあげたりして、結果として「尽くす」ことになってしまうかもしれません。

みずがめ座(1/20~2/18)

【尽くす派】

恋愛において自由な立場でいたいがために、女性の機嫌を損ねないように必要最低限だけ尽くしておしまいにしたい……。

そんな思いを抱いている節もある、みずがめ座。

早く終わらせて、遊びに行っちゃいたいのかもしれません。

尽くしてもらうのは、なんかムズムズするカンジがして苦手でしょう。

うお座(2/19~3/20)

【尽くされたい派】

「尽くすのも尽くされるのも同じくらいウェルカム」

そんな思いを秘めている、うお座。

うお座の男性は甘えんぼうなところもあり、どちらかと言うと尽くされてかわいがられるのが好きなのかも。

「あーん」と食べさせてもらったり、靴下をはかせてもらったりしたいのでしょう。

彼が求めているのはどっち?

尽くすか、尽くされるか。

どちらを彼が求めているのかによって、アプローチ方法を考えてみても良いでしょう。

お互いの理解を深めていけたら良いですね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)