リアルタイムに相手の声を聞くことができる電話は、メッセージよりも相手を身近に感じることができます。

そのため恋愛においても、2人の距離を縮めるためにとても効果的なもの。

そこで今回は、男性がキュンとする電話のコツをご紹介します。

気になる彼ともっと仲良くなりたい!という女性は、必見です。

もっと君の声が聞きたい!彼がキュンとする電話のコツ4つ

「いいところ」で切り上げる

好きな男性との電話であれば、いつまでも話していたい気持ちになることでしょう。

でもあまりに長電話になると、男性は疲れてしまうよう。

また夜ならば、翌日の予定に影響を与えてしまうこともあるはず。

そんなときは、会話の途切れたタイミングでスパッと切り上げてみましょう。

あらかじめ時間を決めておき、そこで終えるというのもアリです。

そうすれば「もっと話したい!」という気持ちから、男性がもっと夢中になるかもしれません。

やさしい声音で話す

電話での会話は、お互いに耳元でささやかれているような気分になるもの。

そのため、ちょっと吐息交じりのやさしい話し方を意識すると、男性はドキッとするようです。

とくに寝る前の電話は、元気いっぱいの声よりも、少しトーンを落とした声のほうが◎。

そんな声には色気を感じやすいですし、眠そうなトロンとした声や話し方も可愛らしさを演出できますよ。

最後に「また電話してもいい?」と聞く

最後に「また電話してもいい?」と聞く

気になる男性と電話を終えるとき、最後に「また電話してもいい?」と聞いてみましょう。

その一言で、「自分との電話を楽しんでくれた」「俺に気があるのかも」など、男性はうれしい気持ちになるよう。

それに男性が次の電話をかけるハードルも下がるので、彼との電話の回数も増えるかもしれません。

「じゃあね」のあとに会話を再開する

電話の終わりごろ、「じゃあね」と言ってからもなかなか電話を切らない、というのもありです。

こんな現象は、付き合いたてのラブラブ度MAXの状態のカップルによく起こるもの。

お互い「まだ話していたい」という気持ちが伝わり合う、ドキッとする瞬間でしょう。

もちろん毎回やってしまうと、しつこいと思われることもあるので、たまにやってみてくださいね。

彼ともっと電話したくなったら

彼の声なら、毎日でも聞きたい!そう思ったら、それはもう恋心が芽生え始めている証拠でしょう。

LINEのメッセージもいいですが、ときには電話で2人の心の距離をもっと近づけてくださいね!

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)