気になる男性とLINEを交換したはいいものの、どんなメッセージを送ったらいいのか悩んでしまうことってありますよね。

彼ともっと距離を縮めたいけど、「重そうな女」とか「面倒な女」だと思われたくない……。

そこで今回は、男性が返信に困る「萎えLINE」の特徴を4つご紹介します。

正直うんざり…男性が返信に困る「萎えLINE」の特徴4つ

「SNSの投稿」について話す

気になる男性の行動は、とにかく気になるもの。

そのためSNSの投稿も細かくチェックしている女性も多いかもしれません。

でもそれが男性本人にバレてしまうと、引かれてしまう可能性もあります。

もし男性のSNSが更新されたあとに「いま渋谷にいるの?」とか「今日は飲み会だったんだね」なんてLINEを送っているなら、要注意。

そのメッセージを見た男性は、まるで監視されているような気持ちになるでしょう。

警戒心を持たれる場合もあるので、注意してくださいね。

LINEを連投する

気になる男性にLINEを送ったのに、いつまでも返信が来なかったら、不安になることもあるでしょう。

だからといって、彼の返信が来る前にLINEを連投するのは考えもの。

「おーい」「どうしたのー」「なんで返信くれないの」「ねぇー」なんて連続で送られてきたら、男性は焦ってしまうことも。

もし付き合ったら干渉されそう……という印象を持たれることもあるので要注意です。

報告LINEばかり

報告LINEばかり

「今からランチ!」とか「今日は歯医者さんに行くんだ」など、報告LINEを送ることはありませんか?

付き合いたての彼女ならアリですが、彼との関係がまだあまり深くないうちは、このような報告LINEは、さけるのがベター。

このようなLINEを見た男性は、「ふーん、そうなんだ」としか答えようがなく、返事に困ってしまうよう。

なんて返したらいいんだろう……と彼を思い悩ませてばかりだと、だんだん既読スルーが増えてしまうなんてこともあるようです。

彼女感を出す

2人の距離が縮まってくると、つい彼女っぽいLINEを送ってしまうこともあるでしょう。

その中でも「飲みすぎちゃダメだよ」のような、行動を制限するようなLINEに対して、苦手意識を持っている男性は少なくありません。

付き合いが始まる前は、ある程度の距離感を保っておくのがポイントといえるでしょう。

思わず返信したくなるLINEを!

気になる男性とは、LINEでもたくさん話したいものですよね。

でもメッセージを送信する前に、一度ご紹介したことを確認してみてください。

受け取った男性がどんな気持ちになるか想像できると、もっと返信が来やすくなるでしょう。

彼とペースを合わせながら、だんだん仲を深めてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)