いっけん脈ありに見えるけど、じつはただの社交辞令だった……そんなLINEが存在するようです。

でも、それってどんなLINEなのでしょうか?

そこで今回は、意外な「脈なしLINE」を男性に聞いてみました。

隠された男性の本音を、彼らの体験談から探っていきましょう。

脈ありに見えるけど…男性からの「脈なしLINE」3選

「LINEは苦手なんだ」

「この前デートした子とLINEがなかなか終わらなくて、ちょっとずつ返信を遅らせたりしたけど効果なし。『LINE苦手でさー。ごめんね』というメッセージの本音に気づいてほしい」(24歳男性/美容師)

脈なしの相手でもLINEをいきなり終わらせるのはちょっと……と気を遣う男性もいるようです。

そんなときに「LINEは苦手なんだ」と謝ってくる男性のメッセージには、やりとりを終わらせたいという本音が隠れていることも。

こんなLINEが届いたら、一度あなたも返信を遅らせて、男性の出かたをうかがってみるのがオススメです。

「また今度ね」

「女子のお誘いLINEに『また今度ね』と返信するのは、社交辞令って人多いんじゃない?乗り気だったら『この日ならOK』とか別の日を提案するだろうし。
別に俺だけじゃなくて、周りの男友達もけっこうこのパターンでかわす人多いんだよな」(27歳男性/営業)

「また今度ね」のメッセージを「次の機会がある」と安易に受け止めるのは要注意。

男性がお誘いをスルーするために、この言葉を用いることがあるからです。

脈ありかどうかの見極めポイントは、「また今度」を実現させようとする男性側の言動。

言ったはいいけど音沙汰なしの状態なら、社交辞令としてのメッセージだったのかもしれませんね。

敬語ばかりのメッセージ

敬語ばかりのメッセージ

「仲良くなる気がない女子には、敬語とか丁寧語のLINEを貫きます。
最初敬語で、途中からタメ語に変えたときに、『仲良くなれた!』と相手に気を持たせるのも悪い気がして。言葉が堅いのは、心を許す気がないってこと」(24歳男性/塾講師)

LINEを始めてしばらく経つのに、彼のメッセージが「いつまでもよそよそしい」なんてことはありませんか?

それは、あなたに心を許していないのかもしれません。

カタい言葉を使って、「これ以上、僕に近づいてこないで」と予防線を張っているのかも。

LINEに隠された本音を見抜いて!

ご紹介した男性のメッセージが、すべて脈なしとは限りません。

しかし、気を使っているだけで「じつは脈なし」というLINEは多く存在するようです。

LINEに隠された彼の本音を見抜くため、彼のメッセージに注目してみてくださいね。

(愛カツ編集部)