女性のある仕草がかわいくて、思わず恋に落ちてしまった……こういう男性って案外多いもの。

そこで今回は、男性が女性を「かわいい」と思う瞬間をご紹介します。

大好きな彼をトリコにしちゃいましょう。

意外な姿にキュン♡男性が女性を「かわいい」と思う瞬間3つ

泣き顔

男性は女性の涙に弱いもの。

これはうれし涙でも例外ではありません。

「後輩が買いに行ってもタイミングが悪くて売り切れだ、って嘆いてた人気店のシュークリーム。たまたま外回りのときにその店を通りかかったら売ってたから買って帰ってあげたんです。

そしたらその子、目に涙をためて喜んで。たかがシュークリームでそこまで感激してくれるとは……とドキッとしちゃいました」(28歳男性/メーカー営業)

涙を流すほど感激してくれた、という事実は男性の自尊心を大いに満足させることができます。

かといって、自由自在に涙を流せるほど私たちは器用じゃありませんよね?

そんなときは「どうしよう、泣きそう」このひとことでOKです。

起こった姿

え、喜ぶ姿なのに怒るってどういうこと?と頭のなかが「?」になっているあなた、じつはこういうことなのです。

「隣のデスクの同僚が、真剣にパソコンとにらめっこしてたんです。何気なく目にしたんだけど、その姿がすごく凛々しくてキレイで……。

思わず『今めっちゃキレイだよ』って言ったら、彼女顔を真っ赤にして『何言ってんのよ!』って。あぁ、あまり褒められ慣れてないのかな、とか思ったらすごいかわいくって」(27歳男性/エンジニア)

褒めると真っ赤な顔で怒りだす……そんな女性の姿をみて「恥ずかしがっちゃって」とキュンキュンする男性は多いのです。

このとき、ガチでキレるのはNG。

あくまでもキュートに「もう」とすねるようなそぶりをみせましょう。

真顔

最後にご紹介するのは真顔。真顔のいったいどこが魅力なんでしょう?

「大人しい先輩が髪を切ってイメチェン。それがすごくキレイで似合ってた!

思わず『先輩……めちゃくちゃキレイです』って伝えたら、先輩は『何言ってんの、仕事しなさい』って塩対応。でもね、耳が真っ赤になってたんです。もうめちゃかわいい!」(25歳男性/広報)

ほんとはすごく嬉しいのに、わざとクールにふるまっている……このギャップがたまらないのだとか。

なかなか高度なテクですが、使いこなせたら効果は抜群!のテクニックですよ。

意外な面でドキッとさせる

男性の期待通りのリアクションでも間違いではありませんが、意外性を持たせた方が相手の印象に残りやすいもの。

怒ったり、泣いたり、恥ずかしがったり……、たまには変化球で「嬉しい」を表現してみるのはいかがですか?

きっと彼は予測不可能なあなたに夢中になってしまうはず。

(愛カツ編集部)