「相手に冷めてるけど情もあるし、今別れたところで他に付き合う人もいないし……」という状態で付き合い続けてはいませんか?

とはいえ、落ち着いた関係なのか惰性なのかなんて、当人たちはあまり気づいてなかったりします。

そこで今回は、「惰性」で付き合っているカップルの特徴をご紹介!

「惰性」で付き合っているカップルの特徴と改善策

ケンカが多い

交際当初というのは相手のこともまだよく知らないし、緊張もあってか、ふだんよりもいい顔をします。

けれど、交際も落ち着いてきたら、緊張も薄くなり、素も出てくるでしょう。

素を出すのはいいのですが、すこしずつ相手の欠点ばかりが目につくようになり、きつい言葉で指摘する人も。

まだ欠点を指摘するくらいならいいですが、顔を合わせればケンカになってしまうなら、もう惰性です。

会ってもケンカばかりじゃお互いストレスですよね。

この場合、いちど離れて、冷静に考えてみることをおすすめします。

彼に使っていた時間を自分にあてて、充実したものに変えていきましょう。

大事なことを報告しない

会うたびに相手の知らないことが増えているのなら、もう惰性の関係と言えるでしょう。

たとえば、ひさびさにデートしたら彼から「そういえば俺、転職したんだ」とか、「先週友達と海外旅行に行ってて」とか、「先月末に引っ越した」などなど事後報告が多くなった。

あなたもおなじように、彼に事後報告が多くなったというのなら、もう「パートナー」 ではないのかもしれません。

きっとラブラブな時期は、なんでも前もって相手に報告していたはず。

思い出したかのように事後報告することが増えたのなら、気持ちに熱がないのかも。

ただのマンネリでそうなっている可能性もあるので、別れたくないのなら、ふたりで新しいことにチャレンジするなど、再燃をはかってみるのもいいでしょう。

でも、もし努力しても無理そうなら、離れるのもひとつの選択肢として考えてみてもいいかもしれません。

罪悪感なく浮気する

ほかの異性とデートしても罪悪感がわかないのは、もしかしたらもう惰性なのかもしれません。

もともと、異性とふたりで会っても罪悪感がわきにくいタイプなら心配ありませんが、異性と連絡したりお茶したりするだけでも、彼のことがふと頭に浮かぶようだったのに、今では一切彼が頭に出てこない。

むしろ隠れて浮気をしてもなんとも思わない!というのなら、相手に対し、もう気持ちはありませんね。

けれど、もしかしたら馴れ合いというか、家族っぽくなってしまって、彼に対するトキメキが薄れたのを冷めたと感じているだけかもしれません。

別れを考えたくないのなら、すこし、おたがいを異性として見られるように工夫や努力をしましょう。

それでも気持ちが戻らないのなら、もう離れどきなのかもしれません。

ほかの男性にも目を向けて

いきなり彼と別れるのも勇気がいりますよね……。

ですが、あなたのためにも、惰性で誰かと付き合いつづけるのは、あまりよろしくないです。

すこしずつ、ほかの男性にも目を向けてみましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)