「一生懸命な女性」と聞けば、基本的に性格が良くて、男性からモテるイメージがありませんか?

好きな男性に好かれるためにも、「一生懸命さをアピールしたい!」という女性も多いでしょう。

でも逆に、一生懸命すぎて引いてしまう……というパターンもあるみたい。

そこで今回は、一生懸命な女性の「ちょうどモテる」ボーダーラインをご紹介します。

一生懸命な女性の「ちょうどモテる」ボーダーラインって?

必死に頑張っていて守ってあげたくなる

仕事や勉強など、一生懸命に取り組んでいるとつい頑張りすぎて、から回ってしまったり、失敗してしまったりすることもありますよね。

失敗して落ち込んでいる姿を見ると、男性は慰めてあげたくなってしまうもの。

さらには「俺が守ってあげたい!」と男心をくすぐられることも。

逆に一生懸命すぎて、自分だけでやりとげようと人の手も借りたくないオーラが出ているとNG!

男性は「俺の出る幕はなさそうだ」と引いてしまうよう。

頑張りアピールもいいけど、頼れるところは男子に頼ってみることも必要ですよね。

一途な感じがする

男性は、女性の「一生懸命」な部分を見ると「きっとこの子は、まじめなんだろうな」と好感を抱く人も多いです。

なにごとも真面目に考えていて、恋愛に関しても「一途な女性」だとわかると、さらに好印象です。

ただし、逆に一生懸命すぎて、男性にとってはあまり嬉しくない空回りな行動をされると、引いてしまうことも!

たとえば、他の人と会話が盛り上がっているのに、やたら「飲み物大丈夫?」とできる女性をアピールしてくる、なんでもないのに無駄にお土産やプレゼントをくれる……。

一生懸命をやりすぎていると、周りからも「痛い子」と思われがち。

まじめで一途だけど、スキがある、肩ひじ張っていないなどリラックスポイントがあると、男性は、きゅんとしやすいです。

ポジティブに取り組む姿が好印象

ポジティブに取り組む姿が好印象

そもそも、「一生懸命やろう!」という女性の気持ちが伝わってくると、男性は「愛おしい」と感じやすいのだとか。

課題をやり遂げるのに厳しそうなものでも「やってみなきゃわからない!」「できなくても挑戦しよう!」とポジティブに捉えて一生懸命に取り組もうとする姿に、癒やされてしまう男性も多いようです。

ただし、あまりにもはりきりすぎて、皆がついていけないテンションの一生懸命さは、引かれることも。

一生懸命でも、周りの空気感を読むことは大事!

一生懸命になりすぎない程度が◎

一生懸命な女性は、基本的には男女問わず好印象です。

ただし「一生懸命すぎて、ウザい」など、同性からの妬みなどから、よく思われない場合も多々。

男性が好きな一生懸命な女性のポイントは押さえつつ、自分のなかでの一生懸命さを大事に、物事に真摯に向き合うことが一番。

きっと男性も、見てないようで見ています!

思わぬ場面で好きになられちゃっているかもしれませんね。

(麻生アサ/ライター)

(愛カツ編集部)